2024-05-28

現代の中国

ウイグル人弾圧の真偽〜果たして真実は何処に〜 いたるところに仕掛けられている「認知戦」に騙されないようにしたいですね!

前記事の続きです。中国政府によるウィグル自治区の弾圧は完全にプロパガンダであり、事実ではありません。この事に関しての詳細な記事紹介です。 最近はネットのSNSや動画サイトの発信者の情報は信用度の高いものが多く、いつも学ばせていただいているのですが、なぜか、中国に関しての情報だけは、偏っているように思えてなりません。最近のロシア・ウクライナ紛争やハマス・イスラエル紛争と同じように事実の追求と発信を期待したいと思います。 確かに、中国では反日教育が行われており、特に江沢民体制までの中国は米国ネオコンとのつながりが強く、信用できない国だと思われても仕方がないように思います。 しかし、習近平体制になってからは大きく変化しています。 2022年10月中国共産党大会において習近平総書記(国家主席)が3期目を務めることが決まり、腹心で周辺を固めたその指導体制は盤石なものとなっています。この共産党大会の最終日には、胡錦濤前国家主席が、閉幕式の途中で、突如職員に腕を掴まれ退席させられるという異様な光景が報道されていました。そして、共産党指導層のリストからは、胡錦濤前国家主席、李克強氏など江沢民、上海派の...
現代の中国

「西洋人になることは決してできない」中国のトップ外交官が日本と韓国に北京と連携し「アジアを活性化」するよう促す

この中国王毅外相の発言には様々な意図がるように思います。 そして、その趣旨は以下のようなものであると思います。「我々が強調しようとしているのは中日韓3国が相互信頼を強化して真の多国間主義と開放的地域主義を実践して地域を冷戦や熱戦に追い込みかねないようないかなる言動にも反対し、地政学的衝突と集団的対立を地域に引き込むことに反対しなければならないということ」 要約すれば、日中韓の3国は地理的にも文化的にも歴史的にも隣国であり、離れることは決してできない。相互が協力し、アジアに目を向けていく事が地域の平和と安定、発展につながる・・・ということだと思います。 これは、太平洋戦争前に日本が提起していた「八紘一宇」の発想と同じでしょう。当時の欧米列強の支配が戦後も続いていますが、今こそここから脱却するチャンスです。このような提案にこそ真摯に耳を傾け、外交努力をすることが今の日本に求められていると思います。 しかし、日本の報道は、言葉の上げ足を取り「人種差別がー!」「人種行為劇がー!」と批判しています。本当に姑息というか恥ずかしいですね。このような記事を書く記者、報道機関には、事実を少しでも直視する...