2024-05-21

現代の日本

ドル高だから「ドルが紙屑」にならないわけではない、円安だから日本が没落するわけではない

ドル円相場も乱高下が予想される。かつてのような不自然な円高はないかもしれないが、円安一辺倒というわけではないと考えてよいのではないだろうか。 長期的には円安の流れが継続するように思われるが、短期的な為替相場はまったく予想がつかないということだ。 ドル高だから「ドルが紙屑」にならないわけではない、円安だから日本が没落するわけではない そもそも米国が繫栄した時代はドル安だった 円高時代の始まり 私の「投資ビジネス」との関わりは、上田ハーローで外国為替取引を始めたことからスタートした。それ以来、おおよそ40年の歳月が流れたわけだが、常に感じていたのは「外国為替相場の『合理的(論理的)』将来予想は困難である」ということだ。 例えば、昨年12月26日公開「これから円高か?円安か?プラザ合意以来の円高局面は半世紀単位で転換したのだろうか」冒頭「固定相場制とニクソンショック」で述べたように、1949年に1ドル=360円の単一為替レート(固定相場)となった。その後、1971年のニクソンショック(金・ドル交換停止)を経て、1973年に1ドル308円の固定相場制から変動相場制に移行した。 リチャード・ニク...
日本の文化

人間教育としての国語教育 ~『“とっちゃん”先生の国語教室』から

No.1093 人間教育としての国語教育 ~『“とっちゃん”先生の国語教室』から 「人生を考えはじめている青年と共に考える。ということは、実に当然、国語教師のしなくてはならない事柄である」 ■1.「ひたすら国語教師たるの道を求めつづけられた」 “とっちゃん”先生、こと、桑原暁一先生はある都立高校の国語教師を20年間勤めた人物である。この本の前書きには、こう紹介されている。 __________ 桑原さんは、一高文科を経て、東大文学部国文学科といういわば世にいうエリートコースを進んだ学究であったが、生涯を通じて栄達などには目もくれず、ひたすら国語教師たるの道を求めつづけられた。 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  桑原先生は昭和48(1973)年3月に退職された後、わずか2ヶ月後には逝去される。まるで国語教師を辞めたら、もうこの世には用がない、とでも言うようだ。ところが、その数年後、ある美しい機縁から、その遺稿が見つかり、出版されたのである。  桑原先生の無二の親友だった教育学博士・元佐賀大学教授の副島羊吉郎先氏が、桑原先生からの来信を見直していると、昭和三十年二月二十九日の手紙に「『人間教育としての...