中国の歴史

中国の歴史

イギリスの1世紀にわたるアヘン密売と中国の屈辱の世紀(1839-1949)

イギリスの1世紀にわたるアヘン密売と中国の屈辱の世紀(1839-1949) 中国人にとって、「屈辱の世紀」のトラウマは、過去の敗北と新植民地主義の隷属状態を露骨に思い起こさせるものであり、また、西​​洋の独善的な偽善と傲慢さを思い起こさせるものでもある。 1500 年、インドと中国は世界で最も進んだ文明国でした。その後、ヨーロッパ人がやって来ました。彼らは最終的に、アメリカ大陸やアフリカと同様に、両国で略奪と破壊を行いました。インドと中国にとって、主犯は英国で、工業化された軍事力に支えられた国家主導の麻薬密売に依存していました。大英帝国は、アフリカからの奴隷貿易が徐々に衰退した後、世界貿易の主力製品となったアヘンの世界最大の生産国および輸出国でした。彼らの「文明」は中国に屈辱の世紀をもたらし、毛沢東が率いた人民革命でようやく終わりを迎えました。この歴史的トラウマと、それを克服して国を再建するための闘いは、今日の中国人の心に刻み込まれています。 イギリス人が「文化」を持ち込む前は、世界貿易の 25% がインドで行われていました。イギリス人がインドを去った頃には、その割合は 1% 未満でし...