現代の欧州

現代の欧州

EUは「戦争精神病」に陥っている ハンガリーのオルバーン首相。

ブダペストは一貫してウクライナ紛争に対する西側諸国のアプローチを非難し、それが紛争の激化とNATOとロシアの直接衝突につながる可能性があると警告している。EU加盟国はまた、キエフへの武器輸送に反対し、即時停戦交渉を求めている。 また、ウクライナに軍隊を派遣する選択肢を西側諸国は排除すべきではないと示唆し、そのような行動は第三次世界大戦を引き起こす可能性があると警告したフランスのエマニュエル・マクロン大統領の発言にも反発した。 EUは「戦争精神病」に陥っている - オルバン ハンガリー首相は、ウクライナ問題で欧州連合は後戻りできない状況に近づいており、ロシアとの軍事衝突につながる可能性があると述べた。 ファイル写真:ハンガリーのヴィクトル・オルバーン首相。©  Janos Kummer / Getty Images ハンガリーのビクトル・オルバーン首相は、 EUはウクライナ紛争で「戦争精神病」に陥っていると述べ、この考え方はほぼ確実にウクライナへの西側諸国の軍隊派遣につながると主張した。 オルバーン氏は金曜日のラジオ・コシュートとのインタビューで、西側諸国はモスクワとキエフの紛争を終わら...
現代の世界各国

信頼されない「名誉白人」日本、経済ボロボロの欧州、政治が機能不全の米国…勢力拡大中のBRICSに先進諸国が「見捨てられて当然」の実態

信頼されない「名誉白人」日本、経済ボロボロの欧州、政治が機能不全の米国…勢力拡大中のBRICSに先進諸国が「見捨てられて当然」の実態 「ついに世界の覇権移動が始まった…!『ジャイアン』アメリカを恐れず、いまBRICSが急速に拡大している『衝撃の理由』」で紹介したように、アメリカ中心の金融覇権からの離脱が始まっている。その時、西側先進国は…… 安倍元首相の「遺産」は…… BRICSが勢力を拡大する中で、期待されたほどに盛り上がらないのが、2019年3月14日公開「TPP11の中心国・日本は世界再編のキャスティングボードを握るか」で述べたTPP11である。 2019年1月、東京での第一回TPP委員会 首相官邸HP 「大原浩の逆説チャンネル<第2回・特別版>安倍元首相暗殺事件と迫りくるインフレ、年金・保険破綻」で述べたように、戦後最大級(になるはずであった)外交的成果の功労者を2022年7月8日に失ったことは大きい。 だが、BRICSに比べてTPPが「欧米色」の強い存在であることも大きな理由ではないだろうか。TPP11の加盟国はオーストラリア、カナダ、シンガポール、チリ、日本、ニュージーラン...
現代の欧州

NATOの3つの大きな神話

防衛と国際法の神話 民主主義と法の支配の神話 価値観と人権の共同体という神話 NATO の神話は現実に対する私たちの見方を歪めています。現在の危機から抜け出すには、その神話を暴く必要があります。創設から 75 年が経った今日、この軍事協定は世界的拡大と対立により、かつてないほど世界を第三次世界大戦の瀬戸際に追い込んでいます。 同盟の現在の行動と過去の犯罪を批判的に検証することで、代替案を考える条件が整うはずだ。抑止力、軍備、対立だけに頼り、平和共存の存在そのものを危険にさらしているNATOに代わる選択肢だ。 NATOの3つの大きな神話 今年、NATOは創設75周年を迎え、その力は頂点に達しているようだ。これまで以上に、北大西洋条約機構は拡大に注力している。ウクライナでは、NATOは国際法に違反するロシアの侵略戦争への報復として、ロシアに対する代理戦争を仕掛けている。この軍事協定は、NATOの兵器をウクライナ軍に訓練すること、大量の兵器、諜報情報、標的データの提供、そして地上にNATOの兵士を派遣することに関わっている。 射程距離500キロでモスクワやサンクトペテルブルクまで到達可能なド...
現代の欧州

ヨーロッパは最終的に米国とBRICSのどちらかを選ばなければならないだろう

ユーラシア諸国は、ロシアがウクライナで目的を達成することをほとんど恐れる必要はない。SCO 内で新たに出現した相互安全保障空間は、大国関係の戦略的安定性、地域安全保障システム (ロシアが湾岸で提案しているようなシステム)、テロのリスクなど、いずれの点でも、大陸 (当面は西ヨーロッパを除く) をはるかに安定させるだろう。BRICS グループ内の新しい金融協定は、メンバー間のドルを使わない取引をより安全にするだろう。ユーラシア全域に広がる新しい物流は、世界最大で最も多様性に富んだ大陸内でのより良い接続性を提供することができる。最終的には、西ヨーロッパ諸国 (あるいは、お好みで極西ユーラシア) は、アメリカの力が縮小し続ける中でアメリカの勢力圏に留まるか、東に向かい、隣にある広大で活気に満ちた新しい世界に向かうかの選択を迫られるだろう。 ドミトリー・トレーニン:ヨーロッパは最終的に米国とBRICSのどちらかを選ばなければならないだろう 外部勢力がユーラシアを支配していた時代は終わりに近づいている。大陸の「極西」の国々はすぐに目を覚ます必要があるだろう。 ファイル写真:(左から)リシ・スナック...
現代の世界各国

各国は米国に激怒:欧州は中国を選んだ世界中から自由なバカ(米国人)が減り始めている。

アンクル・サム(※注:米国)は見事孤立した状態で、次の貿易戦争に臨むことになる。世界中から自由なバカが減り始めている。 各国は米国に激怒:欧州は中国を選んだ 世界中から自由なバカ(米国人)が減り始めている。 Штаты в ярости: Европа выбрала Китай文:セルゲイ・サブチュク Ria NovostiWar on Ukraine #5141 23 May 2024 ロシア語翻訳:青山貞一(東京都市大学名誉教授)E-wave Tokyo 2024年5月24日 AI によって生成された画像 - RIA Novosti、2024 年 5 月 23 日 © RIA Novosti / AI による生成 AIが生成した画像 本文  米国の選挙はまだかなり先であり、最も絶望的な政治学者でさえ、結果について直接的かつ明確な予測をすることを恐れており、ワシントンはすでに世界戦争を引き起こす一歩手前まで来ている。  米国財務長官はフランクフルトの経済フォーラムに飛び、バリバリと雄牛の角を掴んだ。実際、ジャネット・イエレン氏は欧州連合に対し、今後の反中制裁に参加し、中国技術の輸入...
現代のロシア

NATOはロシアとの「戦争準備」を進めている=オルバーン

オルバーン氏は、このブロックは加盟国を侵略者から守るために作られたのであって、領土外で戦争を起こすためではないと指摘した。ロシアがウクライナに勝利すればヨーロッパを攻撃する可能性があるという西側諸国の主張について、オルバーン氏は、そうなる可能性は極めて低く、こうした警告はウクライナ紛争に直接関与するための口実に過ぎないと述べた。 NATOはロシアとの「戦争準備」を進めている=オルバーン ハンガリーはモスクワとの紛争に参加する意思がないため、EU内での役割を再評価していると首相は述べた。 ハンガリーの首相ビクトル・オルバーン©Getty Images /NurPhoto ハンガリーのビクトル・オルバーン首相は金曜日、NATO加盟国をウクライナ紛争に巻き込み、ロシアとの直接衝突につながる可能性のある行動に参加するつもりはなく、NATOにおける自国の役割を再評価していると述べた。 オルバーン氏は地元ラジオ局コスースで、ウクライナに対する姿勢により、自国はすでに米国主導の軍事ブロック内で非参加国の役割に追いやられており、ブダペストは現在、加盟国としての地位を維持しつつ、同意できないNATOの作...
現代のロシア

地政学的パラダイムシフトとサイコパスへの対処:セルゲイ・A・カラガノフ教授へのインタビュー

プーチンの知恵袋と呼ばれるセルゲイ・カラガノフ氏のインタビュー記事です。2024年の国際状況分析として、事実を述べていると思います。 地政学的パラダイムシフトとサイコパスへの対処:セルゲイ・A・カラガノフ教授へのインタビュー アングロサクソンの産軍メディア複合体が、その属国の援助を受けて、世界の覇権と植民地主義による征服を何としてでも維持しようとしているのは明らかである。覇権国は、多極化世界の到来によるパラダイムシフトを受け入れることができません。平和、外交、あるいはそれが始めた戦争に関する交渉についてのいかなる議論も問題外です。新自由主義とロシア恐怖症に心が汚染されている西側国民は現在、「差し迫ったロシア侵略」に怯えている…大衆のせん妄がREASONの西側への帰還を妨げている。世界の他の国々はこの狂気とどうやって対処できるのでしょうか?そして、残りの世界は何を期待できるのでしょうか? エスカレーションに対して西側諸国に警告 質問: ウクライナ戦争の激化とロシアへの侵略の増大に対して西側諸国に警告する方法の1つとして、あなたは核抑止力を提唱しました…西側の指導者たちのほとんどが完全に非...