ロシア

現代のロシア

注目される「平和サミット・共同声明」のウクライナ譲歩

一方、「平和サミット」への参加を拒否した中国とブラジルは、ロシアとウクライナ双方が参加する和平協議を支持することで一致していましたが、両国の共同案の概要がわかりました。  その内容は、「①ロシアとウクライナ双方が同意して全ての和平案が公平に議論される和平会議を支持②援助拡大で人道危機を防ぐ③核兵器や生物化学兵器の使用反対-など6項目」(8日付沖縄タイムス=共同)です。「世界を引き裂き、政治や経済の集団をつくることに反対する」との文言も盛り込まれています(同)。 注目される「平和サミット・共同声明」のウクライナ譲歩 ウクライナのゼレンスキー大統領が呼びかけた「平和サミット」(15、16日、スイス)について先に、ロシアの参加を始めから排除し、「ロシア軍の撤退を」入口にする限り平和協議の場にはならない、と書きました(5日のブログ)。  その後、NHKが11日のニュースで、独自に入手したとして、同サミットの「共同声明」案を報じました。それはきわめて注目されるものです。  NHKによると、「共同声明」はゼレンスキー氏が提唱している「10項目の和平案」のうち、「原発の安全保障」「食料安全保障」「捕...
現代のロシア

西側諸国はロシアに対して「ルールのない戦争」を宣言した 米国の新たな制裁から得られる重要な教訓

ドミトリー・メドベージェフ元大統領は、ロシアに対して「ルールのない戦争」を宣言した西側諸国に「最大限のダメージ」を与えるために、モスクワはあらゆる機会を利用すべきだと主張した。 ロシア当局者は木曜日、米国とその同盟国のあらゆる弱点を利用して、彼らを弱体化させ、国民の生活を妨害すべきだと述べ、今週初めに米国が発表した最新の制裁措置に反応した。 ロシア下院の一部議員は、外国に対する追加的な規制はロシア経済の回復力と競争力を高める動機となる可能性があると示唆している。「我々は国内産業とイノベーションを積極的に開発しており、それが経済の近代化に貢献している」と国会議員のドミトリー・ベリク氏は水曜日、リアノーボスチ通信に語った。同氏は、ロシアは長年にわたり制裁に対する 「免疫」 を培ってきたと主張した。 ロシア下院の副議長で経済学者のミハイル・デリャギン氏はニュースサイトLenta.ruに対し、制裁措置に対処するためにモスクワ証券取引所の規制を改正する可能性があると語った。「取引を別のプラットフォームに移すこともできる」と同氏は述べた。  西側諸国はロシアに対して「ルールのない戦争」を宣言した ...
現代のロシア

中露蜜月はなぜ堅固なのか? プーチンは習近平にスパイ極秘情報を渡していた

――ロシア議会下院のロシア内政干渉調査委員会のワシーリー・ピスカレフ委員長は、ロシアと中国の政府を転覆させようと活動している外国組織の情報を、最近ロシアが中国側に渡したと述べた。  同委員会のテレグラム・チャンネルは、ピスカレフ氏の発言を引用して「われわれは最近、ロシアと中国に対する外国組織の政府転覆活動に関する資料を中国側に渡した」と報道した。  ピスカレフはまた、「新たな挑戦や脅威に直面し、ロシアと中国に対する外圧が日々高まる中、当該委員会は近い将来、ロシアは中国というパートナーとの協力を継続し、外国の干渉に対する主権と立法を保護する最も優れた方法を実施する計画である」と表明した。  報道は以上で、非常に短いものだ。  いうまでもなく、極秘情報が言うところの「外国勢力」の正体は、基本的に「第二のCIA」と呼ばれているNED(全米民主主義基金)だ。  その結果、習近平もプーチンも、互いの国をNEDの政府転覆活動から守ろうと、絆を一層強くさせている。  NEDを主導するネオコンは、基本的に軍事産業を国家運営の骨格に置いているので、中露という大国が平らかに民主化してしまった時に、「戦争を...
現代のロシア

【キューバ危機ー2.0】一触即発、かなりマズい状況のようです!

ウクライナ紛争を巡る、ロシアと米国及びNATOとの関係がかなり悪化しています。日本のマスコミは何も報道しませんが、最悪、大国同士の戦争が勃発するような状況です。各国の冷静な判断を期待するしかないですね。 ウクライナ航空機が西側諸国から供給された兵器でロシア内陸部を攻撃 公式発表:ロシアはウクライナのジェット機が駐留するNATOの飛行場を攻撃する準備を整えている ロシア海軍グループがフロリダ州メルボルン沖に出現! ロシア艦艇がフロリダ沖でミサイル訓練を実施 モスクワ証券取引所、ドルとユーロの取引を停止 ウクライナ航空機が西側諸国から供給された兵器でロシア内陸部を攻撃 2024年6月11日 ウクライナ航空機が西側諸国から供給された兵器でロシア内陸部を攻撃 ウクライナの戦闘機が、この戦争で初めてロシア領土標的NATOのミサイルを発射した!日曜日、ベルゴロド地域の「ロシアの司令部」が攻撃された。 モスクワからの大規模な反応が予想される。 NATOはウクライナをロシアへの攻撃を続けている! ウクライナとロシアの紛争はNATOの干渉により急速に、そしてあらゆるレベルで悪化しており、セルビアのヴチッ...
現代のロシア

ウクライナ「平和サミット」が茶番劇である理由

ウクライナ「平和サミット」が茶番劇である理由 6月15~16日、スイスのビュルゲンシュトック(下の写真)でウクライナに関する「平和サミット」が開催される。参加者はウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領の「平和の公式」(後述)にあるごく一部や捕虜交換などについて議論するとみられている。現時点で何カ国が参加するかは不明だ。ロシアは招待されていない。 ビュルゲンシュトック (出所)いずれも おそらく、この平和サミットをめぐるニュースが早晩、多くの主要マスメディアによって報じられるようになるだろう。そこで、それらが決して伝えないであろう、このサミットの裏事情について解説したい。 茶番劇としてのサミット もっとも大切なのは、このサミットが、ゼレンスキー大統領が中心となって企てた「茶番劇」にしかすぎないことに気づくことである。まず、公式サイトにおいて、「ゼレンスキー大統領が2024年1月15日にベルンを訪問した際、スイスとウクライナは、ウクライナの包括的で公正かつ恒久的な和平に向けた次の一歩について話し合った。ウクライナの要請により、スイスはサミットの開催に同意した」と書かれている点が重要...
現代のロシア

プーチンの4Dチェス:ロシアとの戦いで西側は4つの戦線で「負けている」

「西側諸国は、経済的(貿易と債務)、財政的(脱ドル化と国際決済システム)、軍事的(ウクライナでの戦闘と兵器システムの比較)、そして地政学的に世界における影響力の大幅な喪失という、4つの戦争に一度で負けている」とアトキンソン氏は説明した。 「西側諸国は長い間、他国に支配権を押し付けるために、技術の進歩と暴力の優位性に頼ってきた」とハビヤレミエ氏はスプートニクに語った。「20世紀後半以来、かなりの技術の追い上げが見られ、とりわけロシアの防衛産業の技術的洗練度により、西側諸国はもはや抵抗なく支配権を押し付けることはできない」 ロシアと他のBRICS諸国が構築している多極的な「新世界秩序」は、「経済と外交の力の代替拠点を提供することで、南半球諸国に確実に利益をもたらし、現在の覇権国の圧力を弱めるだろう」とハビヤレミエ氏は語った。 プーチンの4Dチェス:ロシアとの戦いで西側は4つの戦線で「負けている」 © スプートニク / セルゲイ・ボビレフ/ プーチン大統領はサンクトペテルブルク国際経済フォーラムの全体会議で演説し、2030年までのロシアの発展の優先事項を概説し、西側諸国が世界における自国の覇...
現代のロシア

多極化した世界におけるロシアの役割:SPIEF総会でのプーチン大統領の演説

プーチン大統領は、約1時間に及ぶ準備された演説の中で、世界経済に関する多くの問題、そして国際的なプレーヤーとの関係構築を継続する中での同国の成果と近い将来の目標について語った。 多極化した世界におけるロシアの役割:SPIEF総会でのプーチン大統領の演説 ロシア大統領は、世界経済が劇的な変化の時代を迎える中、モスクワはあらゆる利害関係者と協力する用意があると述べた。 ロシアのウラジミール・プーチン大統領が、ロシアのサンクトペテルブルクで開催されたサンクトペテルブルク国際経済フォーラムの全体会議で演説する。©スプートニク/セルゲイ・ボビレフ ロシア経済は世界平均を上回る成長率を示しており、相互尊重に基づく新たな多極世界に積極的に適応していると、ウラジーミル・プーチン大統領は金曜日のサンクトペテルブルク国際経済フォーラム(SPIEF)の全体会議での演説で述べた。 ロシアの指導者とともにステージに上がったのは、ボリビアのルイス・アルセ大統領とジンバブエのエマーソン・ムナンガグワ氏、そして高等経済学院の政治学者で名誉教授のセルゲイ・カラガノフ氏だった。 プーチン大統領は、約1時間に及ぶ準備された...
現代のロシア

ロシアは購買力平価ベースで日本を抜いて世界第4位の経済大国となる

購買力平価ベース(PPP)のGDPの世界ランキングは、中国・米国・インド・ロシア・日本・ドイツの順です。さらにBRICS、グローバルサウスの国々がどんどん急成長しています。 世界のパワーバランスは既に大きく変化しています。日本は世界の潮流、事実を直視して外交戦略、経済戦略を立案していく事が求められています。 プーチン大統領は、西側諸国との関係を断つことで、南半球の世紀に大きな賭けをしました。南半球の世紀では、ほとんどの発展途上国が西側諸国よりもはるかに速いペースで成長しています。現在、中国とインドは、購買力平価ベースで世界ランキングの1位と3位に位置していますが、両国とも今後30年から40年で名目ベースでもトップになると予想されています。下位のリストで急成長している経済のほとんども、南半球の国々です。 ロシアは購買力平価ベースで日本を抜いて世界第4位の経済大国となる ロシアは、購買力平価調整後ベースで日本を抜いて世界第4位の経済大国となり、その価値は6.5兆ドルに達した。/ bne IntelliNews ベン・アリス ベルリン2024年6月4日 世界銀行が6月初めに発表した改訂データ...
現代のロシア

セルゲイ・ラブロフ外相のギニア訪問と運命共同体で結ばれた2つの民族間の何世紀にもわたる友情の絆の強化

歴史的遺産、革新的な戦術、積極的な外交を組み合わせたロシアのアフリカ戦略は、アフリカ大陸の地政学的状況を再定義し、ロシアを旧植民地大国に対する強力な競争相手として位置づけていると推論できる。パリにとって強力なシグナルとなるラブロフ外相のギニア共和国訪問は、ロシアとギニアの国民を結びつける何世紀にもわたる友好の絆を強化する一環であり、BRICS同盟が提唱する多極的枠組みの新世界秩序の推進と強化でもある。 セルゲイ・ラブロフ外相のギニア訪問と運命共同体で結ばれた2つの民族間の何世紀にもわたる友情の絆の強化 西側諸国の少数派がもはや世界情勢の中で何をすべきか、何をすべきでないかを決定する権力を独占していない一方で、かつては自決権を奪われていた国々が世界情勢の決定的プレーヤーになりつつある。ギニア共和国は、この一極世界秩序打倒の論理の一部であるように思われる(ここ)。BRICS同盟が提唱する多極主義は、ベルリン・アフリカ会議の君主たちの残酷さと貪欲さから軽微な国々を守るものである。パリでは不評ではあるものの、ロシア連邦外務大臣のギニア、およびこの地域とアフリカ大陸の他の国々への公式訪問は、国家...
現代のロシア

サンクトペテルブルク国際経済フォーラム: 多極化世界における成長の課題

ロシア最大級の経済イベント「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム(SPIEF)」が5日、開幕する。世界128の国と地域から、政財界のリーダーら1万2000人以上が参加する。8日まで。 今年の主題は「多極世界の基盤・新たな成長地点の形成」。期間中は150超のテーマ別セッションが行われ、のべ1000人以上が登壇する。7日にはロシアのプーチン大統領が出席する本会議も予定されている。 サンクトペテルブルク国際経済フォーラム: 多極化世界における成長の課題 アルアヘドニュース:SPIEF 2024は米国の経済覇権が衰退しつつあることを証明するだろう © RIA ノーボスチ セルゲイ・ボビレフフォトバンクに行く InoSMI の資料には外国メディアのみによる評価が含まれており、InoSMI 編集チームの立場は反映されていません。 西側経済の覇権に飽き飽きした100カ国以上がSPIEF 2024に参加しているとアルアヘド・ニュースは書いている。記事の著者が指摘しているように、彼らはロシアとの有意義なパートナーシップに賭けており、公平で多極化した世界を保証するのはロシアであることを理解している。 サ...
現代のロシア

ウクライナへの西側諸国の武器供給が平和的解決を阻む

現在までに、米国政府はウクライナの戦争活動とウクライナの文民政府の活動を支援するために約1,750億ドルを割り当てています。 国防長官は、めったにない率直な発言で、米国は「ロシアの弱体化」を望んでいると語りました。 国務長官の告白は危険なだけでなく、確実に失敗している。バイデン大統領自身も、米国がロシアに対して課した制裁は「ルーブルを瓦礫に変える」と述べた。そのようなことは起こっていないが、他の国々はロシアの石油を世界市場から締め出そうとする無駄な努力によって経済的に苦しんでいる。特に南半球の国々は、ロシアに対する努力が失敗に終わったことで最も大きな影響を受けた。より先進的な国々、つまりヨーロッパ諸国は、何十年もロシアから確実に受け取っていた手ごろな価格のガス供給を奪われている。 過去2年間に和平提案がなされてきたことを改めて強調しますが、最も最近の試みは中華人民共和国によるもので、同国は12項目の包括的計画を策定しており、真剣に検討されれば破壊と苦しみの終結につながる可能性があります。 ウクライナへの西側諸国の武器供給が平和的解決を阻む ありがとうございます、大統領。安全保障理事会で...
現代のロシア

ますます効果的になるロシアの電子戦、最前線の潮目を変えるロシアの電子戦の有効性が高まり、前線で戦況が一変 – レポート

ニューヨーク・タイムズ紙の取材に応じたウクライナの当局者、兵士、電子戦の専門家は、最近のロシアの進攻の主な促進要因は、同地域におけるスターリンクの大規模な「停止」であったと報告している。このため前線部隊の通信能力は著しく低下し、しばしばテキストメッセージに頼ることになった。 ウクライナ陸軍第92突撃旅団ドローン大隊の副司令官もその一人である: 「我々は電子戦に敗れつつある……攻撃の1日前にシャットダウンした。攻撃の1日前、電子戦は停止した。 「スターリンクの接続が失われたことで、"すべてがより複雑になり"、"時間がかかるようになった "と嘆いた。ニューヨーク・タイムズ紙は、ロシア軍によるスターリンクの妨害が成功し続ければ、ウクライナの脆弱性とマスク氏の会社が提供するサービスへの依存を浮き彫りにし、紛争における戦術的な転換を示すことになると結論づけた。 これはまた、"技術的に洗練された敵対者に対するスターリンクの信頼性についてのより広範な疑問 "を提起した。ロシア軍は中国、北朝鮮、その他の西側ブロックの敵対勢力と緊密に協力しており、この貴重なノウハウが拡散されることが予想される。 ロシア...
現代のロシア

NATOはロシアとの「戦争準備」を進めている=オルバーン

オルバーン氏は、このブロックは加盟国を侵略者から守るために作られたのであって、領土外で戦争を起こすためではないと指摘した。ロシアがウクライナに勝利すればヨーロッパを攻撃する可能性があるという西側諸国の主張について、オルバーン氏は、そうなる可能性は極めて低く、こうした警告はウクライナ紛争に直接関与するための口実に過ぎないと述べた。 NATOはロシアとの「戦争準備」を進めている=オルバーン ハンガリーはモスクワとの紛争に参加する意思がないため、EU内での役割を再評価していると首相は述べた。 ハンガリーの首相ビクトル・オルバーン©Getty Images /NurPhoto ハンガリーのビクトル・オルバーン首相は金曜日、NATO加盟国をウクライナ紛争に巻き込み、ロシアとの直接衝突につながる可能性のある行動に参加するつもりはなく、NATOにおける自国の役割を再評価していると述べた。 オルバーン氏は地元ラジオ局コスースで、ウクライナに対する姿勢により、自国はすでに米国主導の軍事ブロック内で非参加国の役割に追いやられており、ブダペストは現在、加盟国としての地位を維持しつつ、同意できないNATOの作...
現代のロシア

変化する世界秩序の中でのプーチン大統領の中国訪問の意義

ロシアと中国の結びつきと協力の高まりは、世界における米国の覇権の衰退を加速させる上で決定的な役割を果たす。現在、第三世界の国々のほとんどは、ルールに基づいた公正な世界秩序を確立する有望な可能性を秘めているロシアと中国に目を向けている。ロシアで開催される予定のBRICS首脳会議は、両国の二国間関係をさらに強化し、世界に対する影響力を高めるとみられている。 変化する世界秩序の中でのプーチン大統領の中国訪問の意義 プーチン大統領は5月17日、2日間の中国訪問を終えた。これは、同大統領が5度目のロシア大統領に選出されてから初の海外訪問となった。再選直後のプーチン大統領の中国訪問の決断は、世界で展開するさまざまな地政学的、地政戦略的な現実を決定づけた。現在、ロシアと中国は、米国主導の現代の西側世界秩序にとって最大の脅威となっている。両国の同盟関係を強化することは、西側諸国にとって最悪の悪夢である。ロシアと中国は、移り変わる世界パラダイムにおいて、互いに極めて重要な意味を持っている。両国の指導者は、相手側の重要性を認識していることを行動で示してきた。ロシアは、中国の習近平国家主席が昨年再選後に訪問...
現代のロシア

BRICSの新通貨とドル覇権の終焉

前の記事で紹介しましたが、中国の世界的台頭は間違いないでしょう。しかし、中国が現在の米国のように覇権主義をかざし、世界中を支配するような事はありません。 このような状況で、中国がロシアと手を組み、更にBRICS、グローバルサウスと呼ばれる諸国とも協力体制を形成する事は、国際状況は大きく変わることを意味しています。 日本はこのような国際情勢の変化の中でどのような可能性を見出していくのでしょうか?日本、日本人の世界観や価値観、道徳観そして、これらを基盤とした創造性、モノ作りの技術力の高さ、サービスの質の高さは、次代の鑑となり、世界をリードしていくものとなるはずです。 BRICSの新通貨とドル覇権の終焉 数十年にわたり、米ドルは世界貿易を支配してきた。これは自由主義世界秩序の確立後に可能になった。米ドルは世界の主要な準備通貨として比類のない優位性を享受してきた。米連邦準備銀行は、南北アメリカ大陸への国際貿易の請求の96%、アジア太平洋地域での74%、その他の国での79%が米ドルで行われているとしている。さらに、大西洋評議会も、世界中の通貨交換の88%と中央銀行の外貨準備の59%で米ドルが使用...
現代のロシア

世界の準備通貨としての米ドルの統治は急速に終わりを迎えつつある ― イラン大統領の死が関係しているのか?

もしこれらの英国の報道が正確であるならば、なぜ二人があれほど喜んでいたのか不思議ではない。なぜなら、非西洋諸国が急速に米ドルを放棄しつつある中、世界の準備通貨としての米ドルの優位性は失われつつあるように思われるからだ。これは、米国にとって破滅を意味し、世界最強の国家としての米国帝国の最終的な終焉を意味する。 そして、私がこの記事を書き始めた後の週末に起きたイラン大統領の不審な死のニュースも加えてみると、私たちはこれから何が起こるのかをより明確に未来を見ることができるかもしれない。 世界の準備通貨としての米ドルの統治は急速に終わりを迎えつつある ― イラン大統領の死が関係しているのか? ブライアン・シルハヴィヘルスインパクトニュース編集者 先週、西側メディアではほとんど報道されなかったが、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は中国の習近平国家主席と会談するため2日間の中国訪問を行った。 欧米のメディア報道の多くは、2人が公の場で抱き合ったという事実に夢中になっているようで、これは前例のないことだったと言われており、何が2人をそんなに幸せにさせたのかという企業メディアの陰謀説に関する記事が...
現代のロシア

中華人民共和国とロシア連邦の国交樹立75周年を機に、新時代に向けた協力の包括的戦略的パートナーシップの深化に関する共同声明

2024年5月16日から17日に行われた、中露首脳会談による中露共同声明の全文です。 この中で「協力」という言葉が130回以上登場しています。米国の人為的な「ルールに基づく国際秩序」を包括的に破壊する共同マニフェストとして正しく解釈できます。特に下記のセクションが目立ちます。  各国は自国の国情と人民の意志に基づき、発展モデルや政治・経済・社会制度を自主的に選択する権利を有し、主権国家の内政干渉に反対し、国際法の根拠や国連安全保障理事会の承認のない一方的な制裁や「長期管轄権」に反対し、イデオロギー的な線引きに反対する。双方は、新植民地主義と覇権主義は時代の流れに完全に反していると指摘し、平等な対話、パートナーシップの発展、文明間の交流と相互学習の促進を求めた。 中華人民共和国とロシア連邦の国交樹立75周年を機に、新時代に向けた協力の包括的戦略的パートナーシップの深化に関する共同声明 中華人民共和国およびロシア連邦 両国国交樹立75周年を記念して 新時代における包括的な戦略協力の深化について パートナーシップの共同声明   中華人民共和国の習近平国家主席の招待により、ロシア連邦のウラジー...
現代のロシア

中露協商が世界政治の地殻変動を引き起こす

戦略的関係の深化を示す共同声明では、軍事関係を強化する計画や、両国間の防衛分野の協力がいかに地域および世界の安全保障を向上させたかについて言及されている。 最も重要なのは、米国を特に批判したことだ。共同声明は「米国は依然として冷戦の観点から物事を考え、ブロック対立の論理に導かれ、『狭いグループ』の安全を地域の安全と安定よりも優先しており、それが地域のすべての国にとっての安全保障上の脅威となっている。米国はこのような行動を放棄しなければならない」と述べている。 中露協商が世界政治の地殻変動を引き起こす 協商により、ロシアと中国はともに、拿捕と抑止の間の妥協点を見つけることができる。 歓迎式典と会談の前に人民大会堂東門外の広場でロシアのウラジーミル・プーチン大統領を出迎えた中国の習近平国家主席(左)、北京、2024年5月16日 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の中国国賓訪問は、両国の超大国による協商型連携の選択が勢いを増していることを浮き彫りにした。それは明示的な軍事支援義務には及ばないが、軍事支援を完全に排除するわけでもない。ある種の戦略的曖昧性を受け入れることで、特定の利益を追求す...
現代のロシア

地政学的パラダイムシフトとサイコパスへの対処:セルゲイ・A・カラガノフ教授へのインタビュー

プーチンの知恵袋と呼ばれるセルゲイ・カラガノフ氏のインタビュー記事です。2024年の国際状況分析として、事実を述べていると思います。 地政学的パラダイムシフトとサイコパスへの対処:セルゲイ・A・カラガノフ教授へのインタビュー アングロサクソンの産軍メディア複合体が、その属国の援助を受けて、世界の覇権と植民地主義による征服を何としてでも維持しようとしているのは明らかである。覇権国は、多極化世界の到来によるパラダイムシフトを受け入れることができません。平和、外交、あるいはそれが始めた戦争に関する交渉についてのいかなる議論も問題外です。新自由主義とロシア恐怖症に心が汚染されている西側国民は現在、「差し迫ったロシア侵略」に怯えている…大衆のせん妄がREASONの西側への帰還を妨げている。世界の他の国々はこの狂気とどうやって対処できるのでしょうか?そして、残りの世界は何を期待できるのでしょうか? エスカレーションに対して西側諸国に警告 質問: ウクライナ戦争の激化とロシアへの侵略の増大に対して西側諸国に警告する方法の1つとして、あなたは核抑止力を提唱しました…西側の指導者たちのほとんどが完全に非...
現代のロシア

日本人ボランティアがロシア側としてウクライナと戦う理由を語る

「(紛争の)責任を単純にロシアに押し付けるべきではないと理解する日本人が増えている…これが本当にプーチンの戦争なら、なぜこれほど長引くのか?日本人は、作戦前に起きた2014年のマイダンでの出来事と、それに伴う影響に人々が疑問を持ち始めていることに疑問を抱いている」と、ドンバスでの戦闘の出発点に言及し、後に全面作戦につながったと述べた。 日本人ボランティアがロシア側としてウクライナと戦う理由を語る 金子大作氏はRTに対し、外交政策が米国とNATOによって決定されている彼の国では、この紛争は大きく誤って伝えられていると語った。 キエフと戦うためにロシア軍に加わった日本人の金子大作氏は、月曜日に放送されたRTとの独占インタビューで、ウクライナ紛争でモスクワを責めるべきではないと述べた。金子氏によれば、西側諸国はロシアに対するプロパガンダキャンペーンを主導しており、紛争を誤って伝えているという。 2022年2月にモスクワとキエフの間で戦闘が勃発したとき、金子氏はタイに滞在し、タイ軍の射撃教官として働いていた。これにより、ウクライナ寄りの強い日本のメディアとタイの中立的なメディアという2つの視点...