2024-05-14

現代のロシア

日本人ボランティアがロシア側としてウクライナと戦う理由を語る

「(紛争の)責任を単純にロシアに押し付けるべきではないと理解する日本人が増えている…これが本当にプーチンの戦争なら、なぜこれほど長引くのか?日本人は、作戦前に起きた2014年のマイダンでの出来事と、それに伴う影響に人々が疑問を持ち始めていることに疑問を抱いている」と、ドンバスでの戦闘の出発点に言及し、後に全面作戦につながったと述べた。 日本人ボランティアがロシア側としてウクライナと戦う理由を語る 金子大作氏はRTに対し、外交政策が米国とNATOによって決定されている彼の国では、この紛争は大きく誤って伝えられていると語った。 キエフと戦うためにロシア軍に加わった日本人の金子大作氏は、月曜日に放送されたRTとの独占インタビューで、ウクライナ紛争でモスクワを責めるべきではないと述べた。金子氏によれば、西側諸国はロシアに対するプロパガンダキャンペーンを主導しており、紛争を誤って伝えているという。 2022年2月にモスクワとキエフの間で戦闘が勃発したとき、金子氏はタイに滞在し、タイ軍の射撃教官として働いていた。これにより、ウクライナ寄りの強い日本のメディアとタイの中立的なメディアという2つの視点...