2024-05-20

現代の日本

知らないのは日本人だけなのでは、実は日本の評価は「世界一」、世界のマネーが日本に向かってくるぞ!?

今回の「ジャパン・アズ・ナンバーワン」は、GDPで米国を追い抜くなどという「量の拡大」ではなく、「質の向上」である。 「日本品質」がその象徴であり、「日本品質」は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と誇っても良いだろう。また、「治安の良さ」、「社会の安定性」も「ジャパン・アズ・ナンバーワン」である。これまではこの「ジャパン・アズ・ナンバーワン」が、経済の発展に結び付きにくかったが、デフレが終わりインフレが急速に進行する中で大きな武器になる。 知らないのは日本人だけなのでは、実は日本の評価は「世界一」、世界のマネーが日本に向かってくるぞ!? 日本が「跳躍」するとき 1989年にピークをつけたバブルの崩壊以降、「日本はダメだ」というムードが国内で蔓延していた。確かにバブル崩壊の爪跡は大きかった。また、デフレの進行はさらに日本を苦しめた。 だが、バブル崩壊からすでに34年が経過している。日本人、日本企業、日本政府がその間何もしなかったわけではない。「時間(の経過)」という追い風も受けながら、「バブル処理」はとっくに完了したといえよう。 少なくとも4年前の、2020年4月14日公開「コロナ危機で、...
日本の歴史

国宝級の副葬品を次々と発見! 奈良「富雄丸山古墳」は誰の墓なのか?

AIざっくり要約 富雄丸山古墳では、国宝級の副葬品が次々と発見されている。最長の2m37cmの「蛇行剣」や盾の形をした「だ龍文盾形銅鏡」など、技術力の高さを示す品々が出土した。 発見された「三角縁神獣鏡」は、卑弥呼の時代に中国から贈られた鏡の可能性がある。このことから、富雄丸山古墳は4世紀後半の重要人物の墓と考えられている。 富雄丸山古墳に埋葬された人物は、ヤマト王権の成立期にあたる4世紀の重要人物で、大阪の平野部の勢力に大きな影響力を持っていた可能性がある。この人物の正体が明らかになることで、日本史に新たな重要人物が増えることになる。 国宝級の副葬品を次々と発見! 奈良「富雄丸山古墳」は誰の墓なのか? 「蛇行剣」「盾形銅鏡」「三角縁神獣鏡」などが次々と発見されている富雄丸山古墳 昨年から今年にかけて、国宝級の副葬品が次々と発見されている日本最大の円墳、富雄丸山古墳。そこには誰が眠っているのか? その謎に迫った! * * *■最大の円墳、最長の剣、特殊な盾を持つ人物とは? 奈良県の富雄丸山古墳で、国宝級の副葬品が相次いで発見されている。 昨年はヘビのようにクネクネと曲がった2m37㎝の...