2024-06-01

現代の日本

「台風はお祭りなんです。視聴率が3%も上がりますから」某TV局部長の信じられない言葉・・・政府・マスコミは【怖い!怖い!詐欺】で私達を欺こうとしています。

前記事で【Jアラートの闇】に関する記事を書きましたが、このような事例は枚挙に暇がありません。 同じように【怖い!怖い!詐欺】の事例を紹介します。 その中でも最も激しいのが「脅してお金」である。人間は脅されると怖くなり、ひどいことにならないようにとお金を出す。このことは古くからわかっていることだが、「環境問題」が起きてから、国民が面白いように脅されて、自分達の自由になることを知ったのは、マスコミだった。 後半の記事は、フジテレビ『池上彰 緊急スペシャル!』の「日本が嫌いです」字幕捏造事件です。この記事では、捏造ではない、恣意もない、単なるミスであった、との結論になっていますが、明らかに悪意を持った捏造であるとしか思えません。 政府やマスコミの発信する情報には騙されないようにしたいですね!これを見破る、事実を見るためには、マスコミ報道の逆を考えれば良いと思います。 【危険】と報じられたモノは【安全】で、【安全】と報じられたモノは【危険】である。【善】として報じられているモノは【悪】で、【悪】として報じられたモノは【善】である。・・・と言うように事実を追求する必要があります。 本当に注意が必...
現代の日本

Jアラートの闇に気づき始めた日本国民。北朝鮮“ミサイル発射”で「頭おかしいだろ」政府&自民党にヘイトが集まるワケ

Jアラートの闇に気づき始めた日本国民。北朝鮮“ミサイル発射”で「頭おかしいだろ」政府&自民党にヘイトが集まるワケ 昨晩22時46分、北朝鮮から“ミサイル”が発射されたとしてJアラートが発令された。だが国民の反応は冷ややかだ。その怒りの矛先は北朝鮮ではなく、茶番劇を仕掛けた日本政府と自民党に向けられている。 北朝鮮“ミサイル発射”で日本政府がフルボッコに叩かれるワケ 北朝鮮から“弾道ミサイルの可能性のあるもの”が発射されたとして、日本政府がJアラート(全国瞬時警報システム)を発令したのは昨晩27日22時46分のことだった。 Jアラートは即座にスマホに通知されたほか、テレビ各局も緊急報道体制に切り替わり、放送中のドラマやバラエティ番組が軒並み中断される事態に。建物の中や地下への避難を呼びかける物々しい画面に、ヒヤリとした方も多かったのではないか。 ただ、今回のJアラートに対する国民の反応は、これまで以上に冷ややかであるようだ。 「空気を読まないJアラートのせいで、共演中の杉咲花&若葉竜也に“熱愛”が発覚し注目度が高まっていたドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』や、晩酌のお供に最適な『月...
現代の中国

日本と韓国が中国を再発見する理由

北京、東京、ソウルの3カ国の経済が世界のGDPの約25%を生み出していることを考えると、3カ国が再び協議していることは素晴らしいことだ。 過去と現在の紛争は、貿易に関する意味ある合意の妨げとなることは間違いない。米国と中国の戦略的競争が世界経済の仕組みを変えている点も、その一つである。 しかし、バイデン氏は岸田氏と尹氏が李氏と仲良くなったタイミングを見逃すべきではない。貿易でトランプ氏の路線を取れば、最終的には日本と韓国を中国の自由貿易推進軌道に乗せることになるかもしれない。 日本と韓国が中国を再発見する理由 三国首脳会談では自由貿易を称賛する一方、米国はアジアの3大国すべてに対して保護主義的な障壁を築いている。 2024年5月27日、ソウルで行われた日中韓首脳会談で岸田文雄首相、尹錫悦韓国大統領、李強中国首相が握手を交わす。写真:内閣府 東京 – 今週の中国、日本、韓国の3か国首脳会談で最も重要なことは、そもそもそれが実現したということだ。 中国の李強首相、日本の岸田文雄首相、韓国の尹錫悦大統領が、2019年以来、北朝鮮、台湾、輸出規制など、各国政府間の対立を招いてきた論争を呼ぶ議題...