2024-06-15

現代の日本

世界を闇支配するディープステート連中にとって、日本のニコ動が、目障りになったのか:サイバー攻撃を受けたニコ動の復活を心底、祈る!

要するに、ユーチューブが絶対に、流さない情報が、ニコ動では、比較的、自由に流されてきたのです。  したがって、上記、ニコ動へのサイバー攻撃の犯人勢力は、ユーチューブを監視、規制している連中ではないかと疑われます。 世界を闇支配するディープステート連中にとって、日本のニコ動が、目障りになったのか:サイバー攻撃を受けたニコ動の復活を心底、祈る! 新ベンチャー革命2024年6月13日 No.3286 1. あのニコ動に、大規模サイバー攻撃を仕掛けた勢力は、ユーチューブを監視・支配している連中と疑われる!  本ブログでは、前々から、外部情報として、ニコ動の投稿を引用することが多かったわけですが、この6月8日に、ニコ動は、外部の何者かによる大規模なサイバー攻撃を受け、それ以降、6月13日朝現在、いまだに、復旧できていません。  近未来、正常化できるのかどうかも、現時点では、不透明となっています。  これだけの大規模のサイバー攻撃が行われることは、過去にも、それほどなかったと思われますが、この攻撃主の意図は、ニコ動を、完全に潰すことなのではないでしょうか。  もしそうなら、何故、ニコ動は、そこまで...
現代のロシア

西側諸国はロシアに対して「ルールのない戦争」を宣言した 米国の新たな制裁から得られる重要な教訓

ドミトリー・メドベージェフ元大統領は、ロシアに対して「ルールのない戦争」を宣言した西側諸国に「最大限のダメージ」を与えるために、モスクワはあらゆる機会を利用すべきだと主張した。 ロシア当局者は木曜日、米国とその同盟国のあらゆる弱点を利用して、彼らを弱体化させ、国民の生活を妨害すべきだと述べ、今週初めに米国が発表した最新の制裁措置に反応した。 ロシア下院の一部議員は、外国に対する追加的な規制はロシア経済の回復力と競争力を高める動機となる可能性があると示唆している。「我々は国内産業とイノベーションを積極的に開発しており、それが経済の近代化に貢献している」と国会議員のドミトリー・ベリク氏は水曜日、リアノーボスチ通信に語った。同氏は、ロシアは長年にわたり制裁に対する 「免疫」 を培ってきたと主張した。 ロシア下院の副議長で経済学者のミハイル・デリャギン氏はニュースサイトLenta.ruに対し、制裁措置に対処するためにモスクワ証券取引所の規制を改正する可能性があると語った。「取引を別のプラットフォームに移すこともできる」と同氏は述べた。  西側諸国はロシアに対して「ルールのない戦争」を宣言した ...
現代のロシア

中露蜜月はなぜ堅固なのか? プーチンは習近平にスパイ極秘情報を渡していた

――ロシア議会下院のロシア内政干渉調査委員会のワシーリー・ピスカレフ委員長は、ロシアと中国の政府を転覆させようと活動している外国組織の情報を、最近ロシアが中国側に渡したと述べた。  同委員会のテレグラム・チャンネルは、ピスカレフ氏の発言を引用して「われわれは最近、ロシアと中国に対する外国組織の政府転覆活動に関する資料を中国側に渡した」と報道した。  ピスカレフはまた、「新たな挑戦や脅威に直面し、ロシアと中国に対する外圧が日々高まる中、当該委員会は近い将来、ロシアは中国というパートナーとの協力を継続し、外国の干渉に対する主権と立法を保護する最も優れた方法を実施する計画である」と表明した。  報道は以上で、非常に短いものだ。  いうまでもなく、極秘情報が言うところの「外国勢力」の正体は、基本的に「第二のCIA」と呼ばれているNED(全米民主主義基金)だ。  その結果、習近平もプーチンも、互いの国をNEDの政府転覆活動から守ろうと、絆を一層強くさせている。  NEDを主導するネオコンは、基本的に軍事産業を国家運営の骨格に置いているので、中露という大国が平らかに民主化してしまった時に、「戦争を...
現代の米国

テレビによるトランプ大統領の裁判に対する否定的、悪意のある、刺激的で執拗な報道

これは、97% が否定的な報道であることを意味します (方法論の詳細は下記)。これは、これらのネットワークが以前に他の文脈でトランプ氏について報道した内容とほぼ同じでなければ、歴史的な否定性と言えます。 反トランプのネガティブなニュースが絶えず流れているのが問題ではないと考えてはいけない。NBCニュースが4月に実施した世論調査では、トランプ氏が全国でわずかにリードしていた(46%対44%)ものの、「NBC、ABC、CBSなどの全国ネットワークニュース」から主に情報を得ているという有権者は、圧倒的な差でバイデン氏を支持した(55%対35%)ことがわかった。 また、NBCの世論調査によると、有権者のほぼ3分の1(32%)が情報源として「全国ネットワークニュース」を頼りにしていると答えている。過去6週間、これらの有権者は、元大統領に対する最悪の疑惑を各ネットワークが増幅する中で、トランプ叩きの祭典を目の当たりにしてきた。 したがって、たとえこの裁判でリベラル派が待ち望んでいたトランプの有罪判決が下らなかったとしても、民主党にとっては選挙の年の大収穫であり、彼らは宿敵がマスコミに非難されるのを...