2024-06-07

現代の米国

軍産複合体は私たち全員を殺している

爆弾は負傷させます。爆弾は人を殺します。爆弾は破壊します。爆弾は人々を豊かにもする。爆弾が爆発すると、誰かが利益を得る。 はるか昔、退役した五つ星将軍で大統領のドワイト・D・アイゼンハワーは、爆弾や軍事関連のすべての支出を「窃盗」と正しく呼んだのだ。 その窃盗の犯人は、おそらく世界で最も見過ごされている破壊的な力だ。それは、米国と今日の世界の多くの大きな問題の背後に、気づかれずに潜んでいる。アイゼンハワーは1961年の退任演説で、初めてそれを「軍産複合体」、つまりMICと呼び、米国民に警告したことは有名だ。 私たちの多くは、MIC の解体は非現実的だと信じ続けるだろうが、私たちが直面している脅威を考えると、その力を縮小し、戦争は避けられないという作り話に抵抗し、私たちが望む世界を構築する方法について、できるだけ大胆に考える時が来ている。過去の運動が大手タバコ会社や鉄道王の力を弱めたように、一部の人々が現在大手製薬会社、大手テクノロジー企業、刑務所産業複合体に立ち向かっているように、私たちは MIC に立ち向かい、死から利益を得る少数の人々に富をもたらす爆弾やその他の兵器に焦点を当てた世...
現代の米国

アメリカ帝国は、絶え間なく戦争を続ける政府ではなく、政府を運営する絶え間ない戦争である。

確かに、このように理解すれば、事実が見えてきますね。 戦争は米国の利益のために計画されたのではなく、米国が戦争の利益のために計画されたのです。米国は国として、大規模な軍事的暴力とその脅威で地球を支配するための絶え間ない作戦のための資金、人員、資源、外交上の隠れ蓑の供給源に過ぎません。 このキャンペーンは、アメリカ国民やその安全を利益するために行われているのではなく、世界支配キャンペーンが支持する継続的な暴力、搾取、搾取の世界秩序を前提とした富と権力を持つ金権政治家と選挙で選ばれていない帝国経営者の緩やかな国際同盟を利益するために行われている。この世界支配キャンペーンとその現れは全体として、米国帝国と呼ばれることがあるが、これは個々の国家としての米国とほとんど共通点がない。 アメリカ帝国は、絶え間なく戦争を続ける政府ではなく、政府を運営する絶え間ない戦争である。 アメリカ帝国は、たまたま休みなく軍事作戦を行っている国家政府ではなく、たまたま国家政府を運営している休みなく軍事作戦であることを理解すれば、多くの混乱が解消される。 戦争は米国の利益のために計画されたのではなく、米国が戦争の利益...
日本の文化

日本語と韓国語の違いが日韓摩擦を増幅する ~ 呉善花『謙虚で美しい日本語のヒミツ』から

日本としては、国際ルールを踏まえて、国内では当たり前の思いやりは国際政治の場では控え、かつ韓国の国際ルールに外れた行いについては、冷静に批判する、という態度が必要でしょう。それを繰り返しながら、互いの行き違いを少しづつ縮めていくことが必要です。  日本社会は他の地域よりもはるかに平和かつ安定的な状態が長らく続いてきたので、相互の思いやりについては、数世紀ほど国際社会より先に進んでしまいました。そのため、国際社会で振る舞うには、戦国時代くらいの常識に戻らなければならないのです。 No.1326 日本語と韓国語の違いが日韓摩擦を増幅する ~ 呉善花『謙虚で美しい日本語のヒミツ』から  日本語と韓国語は語順や文法は似ているが、敬語、受動態、謝罪や感謝の言い方などの違いが、日韓摩擦を増幅させている。 ■1.「社長はこの若い女性社員になめられているに違いない」  韓国生まれで日本に帰化された呉善花(オ・ソンファ)拓殖大学国際学部教授の近著『韓国人には理解できない謙虚で美しい日本語のヒミツ』には、外から見なければ分からない日本語の特質が、面白い経験をもとにいくつも紹介されています。たとえば、こんな...
現代のロシア

サンクトペテルブルク国際経済フォーラム: 多極化世界における成長の課題

ロシア最大級の経済イベント「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム(SPIEF)」が5日、開幕する。世界128の国と地域から、政財界のリーダーら1万2000人以上が参加する。8日まで。 今年の主題は「多極世界の基盤・新たな成長地点の形成」。期間中は150超のテーマ別セッションが行われ、のべ1000人以上が登壇する。7日にはロシアのプーチン大統領が出席する本会議も予定されている。 サンクトペテルブルク国際経済フォーラム: 多極化世界における成長の課題 アルアヘドニュース:SPIEF 2024は米国の経済覇権が衰退しつつあることを証明するだろう © RIA ノーボスチ セルゲイ・ボビレフフォトバンクに行く InoSMI の資料には外国メディアのみによる評価が含まれており、InoSMI 編集チームの立場は反映されていません。 西側経済の覇権に飽き飽きした100カ国以上がSPIEF 2024に参加しているとアルアヘド・ニュースは書いている。記事の著者が指摘しているように、彼らはロシアとの有意義なパートナーシップに賭けており、公平で多極化した世界を保証するのはロシアであることを理解している。 サ...
日本の文化

川村真倫子先生 ~ 美しい日本語をブラジルの子供たちに伝えて60年

「素朴で優しい心」とは我が先祖たちが「清明心」と呼んで大切にしてきたものだ。縄文時代以来、1万数千年の間、各地から日本列島に流れ込んできた様々な人々が、豊かな自然の恵みに感謝しつつ、仲良く平和な暮らしを続けてきた。その過程で清明心も育っていった。このような清明心を世界の人々が持てば戦争も起こらないだろう。  清明心が日本語の「優しさ、和やかさ、繊細さ」を生み、その美しい日本語が次代の人々の清明心を育んでいった。「日本語教育こそ、最高の平和教育である」と川村先生が言うのはこの事だろう。 No.1122 川村真倫子先生 ~ 美しい日本語をブラジルの子供たちに伝えて60年 「この日本語に触れ、慣れていくうちに、非日系の子どもたちまでが、少しずつ内面から変化していくのです」 ■1.「私は日本語の深さと美しさに気付き初めるようになりました」  平成30(2018)年4月10日、東京の国立劇場で開かれた「天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い」で、安倍首相、北野武氏、京大・山中伸弥教授に交じって、ブラジルからやってきた日系5世の高校生・宮崎真優さんが、来場者1800人を前にスピーチをした。原稿も持たず...