古代のカタストロフィーが人類に与えた影響

プラズマ宇宙論

神話的な発想といえば、一般的には聖書や古書の解釈や教え、神話の伝統的な解釈などがイメージされるかもしれません。聖書にしても神話にしても当時の人々が経験したことから生まれたはずです。壊滅的な大災害をどうとらえたのか? 神の裁き? 罰せられた? しかし、説明できる自然現象だとしたら? 明快に説明できれば、天罰だとか超自然現象だとか言って、恐怖に満ちた物語を紡ぐ必然性は無くなります。

古代のカタストロフィーが人類に与えた影響
過去、壊滅的な大災害をどうとらえたのか? 神の裁き? 罰せられた? しかし、説明できる自然現象だとしたら?

古代のカタストロフィーが人類に与えた影響

マイケル・アームストロング氏の質問、
「現代人は神話的な発想を克服したのか?」
「それとも現代人はただ忘れ、流されるように適応し、何が、なぜ起こったのかに対処しないまま、長期間に渡って過ごしてきたのか?」
2番目の問いと1番目の問いは直接関係しないように思われるかもしれません。

神話的な発想といえば、一般的には聖書や古書の解釈や教え、神話の伝統的な解釈などがイメージされるかもしれません。聖書にしても神話にしても当時の人々が経験したことから生まれたはずです。壊滅的な大災害をどうとらえたのか? 神の裁き? 罰せられた? しかし、説明できる自然現象だとしたら? 明快に説明できれば、天罰だとか超自然現象だとか言って、恐怖に満ちた物語を紡ぐ必然性は無くなります。

ヴェリコフスキー博士の「記憶喪失(健忘症)の人類について」から引用します。

『記憶喪失の人類』のテーマは、進化論、宗教の起源、天体力学──重力や慣性のほかに電気や磁気の関与を示唆する──など、遠く離れた多くの方向に展開する、そのひとつの理論の心理的側面である。
この心理学的側面は、人類の過去の経験に由来するいくつかの疑問、すなわち、人類以前や先史時代だけでなく、歴史的な時代にも起こった壮大な出来事、ベールに包まれた出来事への答えとして求められている。
私は『衝突する宇宙』の中で集団的健忘症という言葉を作ったが、概して私は新しい言葉を作らないので、これは実質的に言葉ではなく、歴史的な時代に起こった大災害の結果として人類が置かれている状況を定式化したものである。
……(中略)
事実、破滅的な出来事が起こった。ここにある洞窟の中だけでなく、あそこにある洞窟の中で、筆舌に尽くしがたい暴力的な出来事が起こった。
想像して欲しい。突然、時間がなくなった。
海は大西洋の海岸に打ち寄せるだけでなく、大陸の上を移動する。大陸と海は場所を変えた。平原だった場所に、数時間のうちに山が突き上げられ、大気には隕石が落下する大きなヒューヒューという音が響き、すべての火山が同時に噴火し、既存の火山だけでなく、何千もの新しい火山が出現して燃え上がり、川は川床を失い、地震は都市を根こそぎ奪っていく。人間も動物も、洞窟に逃げ込んだり、木に登ろうとしたり、木そのものが折れて飛んでいったりと、できる限り逃げようとする。
極地やあらゆる緯度で今、私たちが目の当たりにしているのは、折れた木の塊、アフリカを生息地とする動物の引き裂かれた死骸が極地で発見され、それらが混在し、北極の動物と熱帯の動物が共存している。これは、植えつけられなかったはずのトラウマの証言である。ある大陸で滅ぼされた多くの種が、別の大陸で数個の個体として生き残った。
アメリカ大陸では、非常に多くの馬が生息していたにもかかわらず、また、スペイン人によって馬が再導入されたときに証明されたように、馬にとって生態系の基盤が非常に優れていたにもかかわらず、すべての馬が滅ぼされた。昆虫から海洋動物、四足動物、鳥類、そして人間に至るまで、多くの種が絶滅した一方で、他の種はすべて壊滅状態に陥った。
今、私は『衝突する宇宙』で述べたような大災害に先立ち、エジプト中王国が終焉を迎える時期に起こった大災害について話している。(紀元前)8世紀の大災害はそれほど大きくなく、もう少し慈悲深かったかもしれない。それでも、都市を破壊し、人口を根こそぎ奪い、文明を終わらせた。
……(中略)
人間は、太陽系の中で最適な場所にある惑星に住んでいる。中心ではなく、最適な場所だ。それなのに、この惑星をゲヘナ(永遠の業火に苦しめられる地獄、苦界)、つまり地獄にしようとしている。しかし、どうすればいいのか、と私に質問しないでほしい。私にはわからない。
私は万能薬を持って来たわけではないが、現在の状況に内在する危険性を警告し、それを自覚することで、断崖絶壁の手前で身を引くことができると思う。私は、このことを緊急の気持ちで言っている。
私たちは、おそらく先史時代、いや、人類以前の記憶の持ち主である。そして、このような心の奥底を開くことが、私の理解では、人間の真の分析における中心的な、最重要の、ほとんど唯一の仕事である。


要旨
人類の記憶の中で、おそらくわずか4、5千年前に、地球の空と太陽系内部が大きく変化したというのが、エレクトリックユニバース・コミュニティの多くのメンバーの仮説である。惑星が不安定になった時代には、異常な電磁気現象や地球規模の大災害が発生し、世界中の神話や伝説に記録された。

今日、私たちは、この命題を考える上で、おそらく最も重要な問いに焦点を移す。──これらの出来事は、人類にどのような影響を与え、今日まで私たちの世界と種を形作ってきたのか?

Michael Armstrong: The Effect of Ancient Catastrophe on Humankind | Space News
It is the hypothesis of many members of the Electric Universe community that within human memory, perhaps a mere four or five thousand years ago, the Earth’s...

マイケル・アームストロング:古代のカタストロフィーが人類に与えた影響Michael Armstrong: The Effect of Ancient Catastrophe on Humankind

人類の記憶の中で、ここ数千年の間に、地球の空と太陽系内部が現在とは大きく異なって見えたというのが、主な原理とサンダーボルト・プロジェクトの仮説です。

惑星が不安定になった時代には、異常な電磁気現象や地球規模の大災害が発生し、世界中の神話や伝説に記録されています。

『紅海横断』ニコラ・プッサン

『紅海横断』ニコラ・プッサン

今日は、この命題を考える上で、おそらく最も重要な問いに焦点を移します。これらの出来事は人類にどのような影響を与えたのか、また、今日まで私たちの世界や種をどの程度形作っているのか?

「記憶喪失の人類」ヴェリコフスキー

『記憶喪失の人類』ヴェリコフスキー

先日のサンダーボルト・プロジェクト会議EU2015「発見の道」にて、私は、現代人に及ぼすカタストロフィズムの影響について、学術界でほとんど扱われていない多くの問題を扱った43分の講演を行いました。

私たちサンダーボルト・プロジェクトのメンバーや同僚は、比較的最近の、おそらく数千年前の先史時代の太陽系内は、現在とはまったく異なるものだったということにほぼ同意しています。
地球上の人類は、その破壊的な規模と衝撃的な悪影響において、ほとんど想像を絶する出来事を経験し、目撃したのであり、彼らが何千年も前から知っていた生命に影響を与えました。

イラストレーション、ヴァレス・マリネリス

イラストレーション、火星のヴァレス・マリネリス

デヴィッド・タルボット、ドゥワルドゥ・カルドナ、エヴ・コクランなどの学者たちが提供し、イマニュエル・ヴェリコフスキーに影響を受けた神話・歴史的再構成を含め、これらの出来事が起こったという明白な証拠事例は、提示された証拠を素直に認める者にとっては否定できないものです。

エヴ・コクラン、ドゥワルドゥ・カルドナ、デヴィッド・タルボットの出版物

エヴ・コクラン、ドゥワルドゥ・カルドナ、デヴィッド・タルボットの出版物

講演するイマニュエル・ヴェリコフスキー

講演するイマニュエル・ヴェリコフスキー

電気宇宙の激変説論者のモデルについてもっと知りたい人は、自由に使える多くの出版物があります。私は、これらの出来事が起こったことを誰かに納得させようとするのが目的ではなく、むしろ極めて重要な問題を明らかにすることを目的としています。古代の大惨事が人間の思考や行動に与えた人為的な宗教的・心理的影響は何であったのか、そしてその影響はどの程度今日まで受け継がれているのか、です。

大惨事を頂点とするいわゆる黄金時代の終焉は、人類がこれまでに経験したことのない、最も集団的なトラウマとなる出来事でした。世界人口の大量殺りくに近い状況は、人間の生活のあらゆる側面に影響を及ぼすほど重大な影響をもたらしました。環境的、生理的、心理的な要因によって、人間の状態は極端に変化しただろうし、また、私たちが経験的に推測することしかできないようなこともあったでしょう。

今日は、この変容の中で最も深く、重要な要素であると私が考えるもの、すなわち、神と呼ばれるものに対する人類の考えや認識、そして特定の宗教的テーマの発展に特に焦点を当てたいと思います。私は、視聴者が私自身の信念またはその欠如についていかなる仮定もしないことをお勧めします。

神話の歴史家たちの作品に親しんでいる人たちにとって、これらの世界的な大災害の後に始まり、採用された望む結果をもたらさないアイデアの多くは、自明であると思われるかもしれません。その中には、神が人類に怒りを覚えたという概念や、神が人類を厳しく罰し、あるいは浄化するために、地球規模の激しい大量殺戮や殺人的な大災害を決意したという概念の進展が含まれています。

天体の創造:ミケランジェロ「システィナ礼拝堂天井画」

ミケランジェロ「システィナ礼拝堂天井画」

その結果、人間はフィアット Fiat(権威による命令、許可、認可、法令)の道徳律に従うべきであり、永遠の霊感に基づく原則に従うべきであるとする考えが進展し、律法主義が生まれました。このように、現代社会の多くの基盤となっている、法律が秩序を支えるものであり、容認できない行為に対しては罰が適切な対応であるという考え方が見えてきます。

『シナイ山で律法を受けるモーセ』ベンジャミン・ウェスト

『シナイ山で律法を受けるモーセ』ベンジャミン・ウェスト

このような考え方の表れが、神をなだめる、罪悪感や恐怖に基づく宗教の発達に見られるコースでした。人類は、さまざまな文化圏で、より常識的な概念を否定しながらも、突飛で暴力的な気まぐれな概念を急速に天地創造に取り入れました。

アステカの司祭アピース ミクトランテクティ 死のアステカ神

アステカの司祭アピース ミクトランテクティ 死のアステカ神

この時代は、大規模な混乱、神秘主義、迷信とともに、擬人化された惑星神の神話を爆発的に生み出しました。その後の宗教的、文化的な要因としては、大災害を生き延びた宗教的証言の全体的な先入観(偏見)が挙げられるでしょう。つまり、差し迫った大災害の前に、祈り、断食、崇拝などのようなことを、こうして、こうしてやったとか、それが認められ、生き延びた、とか。もちろん、同じようにやっても生き残れなかった人たちからは反論のしようがありません。

また、公式の宗教が発達して、その主要な部分は常に、すべてがうまくいかなかった理由の説明と、それを解決する方法、あるいは神に解決してもらう方法の説明です。安息日やその他の聖なる日を含む祝祭日の開発、例えばローマのサトゥルナーリアやギリシャのクロニアなどです。

ハヴダラ礼拝(安息日の終わりを告げる儀式)14世紀スペイン

ハヴダラ礼拝(安息日の終わりを告げる儀式)14世紀スペイン

神聖な日は、元旦、ハロウィン、諸聖人の日、死者の日、イースターなど、世俗的な祝日に変化していきました。

ウィリアム・アドルフ・ブグロー 『バッカスの青春』

『バッカスの青春』ウィリアム・アドルフ・ブグロー

人類は、土星を中心に火星や金星がプラズマ放電を起こす天空の造形に触れ、アンク十字やケルト十字の陰陽、星と三日月、古代や現代のスワスティカなど、世界の主要宗教シンボルが誕生しました。

アンククロス
アンククロス
ケルト十字
陰陽
星と三日月

終末論的な惑星規模の大災害は、儀式の発達を説明することもできます。

神が定めた権利、儀式、詠唱などは、犠牲、厳格さ、儀式、聖餐などとともに、今日まで見られる儀礼的な宗教に大いに浸透しており、神愛好家が私たちに対してより好意的であるように感じさせます。

崇拝する偶像や聖なるイコンが集中的に置かれ、軽度から重度の意識の変容状態に至ること、より激しい排他的な部族への帰属化や戦争における部族間競争が発生したこと、究極的には、人間嫌いの天使や天使の階層、悪魔、悪霊や小悪魔、イフリート(異教の悪魔)、ジンやジニー(超自然的な存在)、妖精、レプラコーン(アイルランドの伝説の妖精)、エルフ(ゲルマン神話の小妖精、小人)、ゴブリン(醜い姿をしたいたずらな小鬼)やグール(食屍鬼)、魔女などの、天界や魔法界、エキゾチックな生命体の究極の発達が見られます。

『聖母の被昇天』(1475年頃)フランチェスコ・ボッティチーニ

『聖母の被昇天』(1475年頃)フランチェスコ・ボッティチーニ

『反逆の天使たちを喚起するサタン』ウィリアム・ブレイク

『反逆の天使たちを喚起するサタン』ウィリアム・ブレイク

預言者たちの物語(1577年)の彩色写本に描かれた、天国と地獄を訪れるイドリスの姿

預言者たちの物語(1577年)の彩色写本に描かれた、天国と地獄を訪れるイドリスの姿

小さなエルフのコートを作るために、ウィリアムシェイクスピア作『真夏の夜の夢』のイラスト、アーサー・ラッカム

小さなエルフのコートを作るために、ウィリアムシェイクスピア作『真夏の夜の夢』のイラスト、アーサー・ラッカム

大災害の直前の惑星配置の明らかな目に見える証は、世界的な建築の発展に見ることができます。これらは、ピラミッドを主要なテーマとする大建造物モニュメント建設技術やモニュメント建設時代の開始を含んでいます。

再建されたバビロン、イラク ウル ジッグラト

極配置の原型となる仏塔の逆さモデルから、建築要素を発展させたもの。

極軸整列の可視化──ディスコースseries no.8
極軸整列? それなんですか?って言われそうです。惑星の極軸整列なんて見たことも聞いたこともないのが普通です。常識や通説を盾に否定する人からは想像もつかない世界であることは確かです。...
ヴィシュワ シャンティ ストゥーパ

ドーム、柱、螺旋、コピュラ(接合体)、入れ子の円形レイアウトの充実。

ストゥーパ(仏舎利塔)、パゴダ(仏塔)、空、風、火、水、地

また、ペトログラフやペトログリフでは、制作に膨大な時間と注意が必要であることも要因のひとつです。

アンソニー・ペラット、ペトログリフ
プラズマ宇宙 ─ アンソニー・ペラット ─ ペトログリフ
アンソニー・ペラットの歴史的論文『古代に記録された高電流 Z ピンチ オーロラの発生の特徴』の全訳。ペトログリフはプラズマ現象の描写だったことを論じている。

これらの多くを制作するために、困難な条件下で数ヶ月を要したと推定されます。

最後に、視聴者の皆さんに考えていただきたいふたつの質問で締めくくります。

現代人は神話的な発想(思考態度)を克服したのか? 
それとも現代人はただ忘れ、流されるように適応し、何が、なぜ起こったのかに対処しないまま、長期間に渡って過ごしてきたのか?

その答えが何であれ、私たちが自分自身に問いかけることができるもうひとつの重要な質問、私たちは、自分の信念体系にもっと知的に責任を持つことができるのでしょうか?

知的に責任を持つこと──現代宇宙論はなぜこんなに奇妙なのか
嘘をついたり不誠実な行動をとると、問題を引き起こし、ドミノ倒しのように複雑化して、やがて制御不能になる

──おわり
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました