プラズマ宇宙論・・・時間とは何か?時間はそれ自体としては存在しない

プラズマ宇宙論

現代の宇宙論では、空間と時間の概念を融合させ、4次元の連続体と呼ばれるものを作っています。アインシュタインが予言し、最近では科学者たちがいわゆる時空の布の波紋を観察したと主張しています。しかし、時間を具象化するような方法で時間を定義することは有効なのでしょうか。また、より有効な時間の定義は存在するのでしょうか。今日は、宇宙論の中でも最も基本的な疑問の一つを探ってみましょう。時間とは何か?

時間とは何か?──時間はそれ自体としては存在しない
動画の最後で「相対性理論は、このふたつの点で徹底的に混乱しています」と発言されています。私たちは今、宇宙の現象の解釈を始めとして、あらゆることで、この「混乱」を理由も分からないまま...

時間とは何か?──時間はそれ自体としては存在しない

物質的な宇宙がなければ時間もない

何もない時代はあったのか?
あるいは、物理的な宇宙が存在する前の時代はあったのか?
あるいは、時間がなくなるとどうなるのか?
あるいは、もし始まりがあったとしたら、始まりの前には何が存在し、何が起こったのか?

今回紹介する動画でマイケル・アームストロング氏はこうした質問は意味のない質問だと言います。しかし、時間についての話題になると、これに似たような疑問や、さらに?マークがいっぱい出てくるような展開になるものが多い感じがします。早い話が、よくわからないです。腑に落ちるという説明に出会ったことがありません。

時間については定説とされるようなものを始めとして様々な説があるようです。なかでも、時間というものはない、という説があります。ですが、なぜ「ない」のか、私のような頭脳明晰でない人間にはわかりません。腑に落ちないんです。なかには「ない」と断言して、説明しても、何のことか理解できないだろうから説明なしのこともあります。

数式では時間はTとかtで表します。数式ですからこのTには虚数だって入れることができます。時間は一方向にしか流れないと言われていますが、数式ではマイナスだって入る自由度があります。数学が幅を利かせている物理学の世界では、マイナスを入れて時間は過去にさかのぼれるという理屈が成立するのでしょうか? まったくわかりませんけど。

アームストロング氏は動画のなかで「宇宙は時間の中に存在するのではなく、時間は宇宙の中に存在する」と発言されています。”宇宙”という言葉を”空間”という言葉に替えてみるとどうなるでしょうか?

時空(space‐time)という言葉があります。時間と空間というまったく別のものを引っ付けてますけれど、時空という言葉が定着しているので、時空を超えるとか、様々な言い回しも含めて、私たちは当然のように思っています。しかし、ビッグバンやブラックホールにしても、これ仮説です。ですがこの言葉が日常で使われるようになると、あたかも実在するかのようにイメージされてしまいます。コロナ騒動と似ていませんか?

アームストロング氏は動画の最後で「相対性理論は、このふたつの点で徹底的に混乱しています」と発言されています。アインシュタインは高潔な人だと思いますが、その理論を拡大解釈して、今日の宇宙論を難解で、ビッグバンやブラックホールを発明して混乱をもたらしているのが主流の宇宙論だと思います。私たちは今、宇宙の現象の解釈を始めとして、あらゆることで、実は特定されていないウイルス、効かないどころか死亡者を増やしている得体の知れないワクチン、テレビが演出する騒動、ありもしない温暖化、など、この「混乱」を理由も分からないまま見せられているようです。

要旨
現代の宇宙論では、空間と時間の概念を融合させ、4次元の連続体と呼ばれるものを作っています。アインシュタインが予言し、最近では科学者たちがいわゆる時空の布の波紋を観察したと主張しています。しかし、時間を具象化するような方法で時間を定義することは有効なのでしょうか。また、より有効な時間の定義は存在するのでしょうか。今日は、宇宙論の中でも最も基本的な疑問の一つを探ってみましょう。時間とは何か?

Michael Armstrong: What is Time? | Space News
Modern cosmology fuses the concepts of space and time into a thing, called a four-dimensional continuum. Albert Einstein predicted, and recently scientists h...

マイケル・アームストロング:時間とは何か?Michael Armstrong: What is Time?

電気宇宙からの宇宙ニュースへようこそ!サンダーボルト・プロジェクトがお届けするサンダーボルト情報です。

現代の宇宙論では、空間と時間の概念を融合して、4次元連続体というものを作っています。

空間+時間=4次元 ?

アルバート・アインシュタインが予言し、最近では科学者たちがいわゆる時空の布の波紋を観察すると主張していますが、時間を具象化 reify するような方法で時間を定義することは有効なのでしょうか、そしてもっと有効な時間の定義は存在しないのでしょうか。今日は、宇宙論の中でも最も基本的な問題の一つを探ります。時間とは何か?

※reify:具象化(形をはっきりとさせること)、何かをより現実的なものにしたり、現実のものとみなすこと。

マイケル・アームストロング
マイケル・アームストロング

まず最初に、時間と永遠という言葉には違いがあることを理解しておきましょう。永遠の定義はやや難しい話になるかもしれませんが、時間の定義はとてもシンプルで明確なものになります。
時間は、私たちの日常生活だけでなく、多くの物理学の方程式や化学式にも含まれており、影響を与えているので、時間を正しく定義することは何よりも重要です。器の中の化学反応は、実は時間という不思議なものに影響されているのではなく、原子や分子のスープの中で起こる接触や衝突の回数に影響されていることを理解しておくとよいでしょう。それは本当に時間という不思議なものに影響されるのではなく、原子や分子のスープの中で起こる接触や衝突の数に影響されるのです。それが、T因子 factor T や時間という要素の正体です。

数式

つまり、3つの前提があります。
前提1:永遠は、物理的な宇宙の外側にある、やや神秘的で包括的な現実かもしれませんが、時間はそうではなく、誰もが何かをすることができるものでもありません。言い換えれば、時間は具象化できないということです。
前提2:宇宙は時間の中に存在するのではなく、時間は宇宙の中に存在する。
前提3:時間の正しい定義とは、まさにこのことです。物質的な宇宙での出来事の順序です。

現代哲学の中心的存在である有名な哲学者イマニュエル・カントは「宇宙には時間の始まりがある」という命題を厳密かつ決定的に証明したと主張しており、他の哲学者もその証明を確実なものとしています。

イマニュエル・カント

彼はまた、宇宙には時間の始まりがなかったという命題に対して、厳密かつ決定的な証明を与えたと主張しており、他の哲学者たちはその証明を確かなものとしています。もちろん、これは矛盾の法則に真っ向から反しており、違反であるとされる概念です。カントは、これらの証明の両方が真であることではなく、両方とも偽であることを示唆しているようです。

矛盾とは何か?
矛盾とは何か?

さて、このカントの主張は、もう一つの伝統的な概念に違反しています。排中律です。
矛盾した二つの命題が両方とも偽であることはあり得ないし、これら二つが真であることもあり得ないというものです。矛盾する二つの命題が共に偽であると考えられるならば、それらは共に真であると考えられます。しかし、カントはそれらが共に偽であるという結論を受け入れ、それらが共に真であるという結論を拒否しています。

「ヒューストン、ここで問題が発生した」
何が起こっているのか? 
この問題は何ですか?
時間とは何かについての以下の論考で説明されていますが、カントの主張について著名な哲学者G.E.ムーアがどのように述べているかをまず紹介します。

G.E.ムーア
G.E.ムーア

引用します。
「ここで、これらの二つの命題を証明する代わりに、彼の証明が本当に証明しているのは、次の二つの仮説的命題であると言ってみよう。すなわち、
1、世界が時間内に存在するならば、始まりがあったに違いない、または/及び
2、世界が時間内に存在するならば、始まりがなかったはずはない……
というのも、カントが証明したのは単にこの二つの仮説だけだとすると、カントはこの二つの矛盾した命題が両方とも真であることを証明していないからである。なぜなら、この二つの仮説は(お互いに)矛盾しないからである」

もちろん、明らかに上の両方の” if ”文は誤りです。
つまり、結論としては、宇宙は時間の中に存在するのではなく、時間は宇宙の中に存在するのです。

2000年の夏、アメリカ海軍天文台の主席天文学者である故トム・ヴァン・フランダーン氏と私は、毎年恒例のミラノ大学ベルガモ・シンポジウムで発表するためにイタリアに滞在していました。二人ともベルガモに滞在していました。ベルガモからミラノまでは電車で1時間ほどの距離でした。

トム・ヴァン・フランダーン
トム・ヴァン・フランダーン

ある朝、列車の中で一緒に座って、時間について話しました。彼は、私がこのテーマを哲学的に扱うキッカケとなった思想家(思索家)です。彼はこんな風に考えているそうです。彼は私に、蛇口があるだけの、空虚な空間以外には何もないことを想像してほしいと言いました。

蛇口から水がポタポタ

蛇口から水がポタポタと垂れる。
また蛇口から垂れる。
しずくとしずくの間の時間はどれくらいあるかと聞かれました。
この質問には答えられないことがわかり、私たちは同意しました。
私たちが言えることは何もありません。
そして、ふたつ目の蛇口をイメージするように言われました。

ふたつ目の蛇口

ひとつ目の蛇口が1回垂れるごとに60回垂れる蛇口です。
さて、何が言えるでしょうか。
まあ、いつも60対1の割合であるということは言えるでしょう。
そして、2つ目の蛇口が水を出すたびに60回水を出す3つ目の蛇口を加えます。これで、数学的な比率だけでなく、サイクルの中のサイクルやその関係の規則性についても話すことができます。もちろん、あなたはここで秒や分や時間と比較できる性質を認識しています。

現実の経験、人生の内容の経験、意味の経験は、イベントに基づいています。上記のことは当たり前のことのようで、言及することに疑問を感じますが、イベントには3種類あります。

ひとつ目は、私たちが量的なものとして関係しているもので、物理的な機械的サイクルが動き出すことによって引き起こされたり、作られたりするもので、それ自体にはそれ以上の影響や意味はありません。
そして第2のタイプは 、質的なもので、周期的ではないが、生活の質に何らかの良い影響や悪い影響を与えるものです。
そして3つ目は、質的なものであると同時に目的を持ったものであり、これらの出来事は何らかの意志によって引き起こされています。

時間と存続期間は、周期的な量的イベントに基づいています。さきほどは、二つの出来事の間にどれだけの時間があるのかという質問がありました。私たちは、自分の経験を描くための背景、つまりマトリックス(母体、基盤、発生源)、織布、キャンバスとでも言うべきものとして使っている計量的なサイクルの数を数えなければ、単純に言うことはできません。言い換えれば、時計の音の数、季節の数、月や太陽のサイクルなどです。

私たちの言葉では、”時間”という言葉を”出来事”という言葉と同義に使うことがよくあります。例えば「パーティーで料理の皿が3回 three times こぼれた」とか「試合中にバッターが4回 four times 登板した」などです。
eventual([形]結果として起こる、最後の、結局の)と eventually([副]結局は、ついに、やがて)という言葉について考えてみましょう。これらの言葉は、未来の出来事の順序の中で、時間的にさらに下流を意味するのではないでしょうか?
つまり、時間の矢印は順序に基づいています。

時間の矢印、イラスト

人間は、時間を連続した出来事の方向性として経験していますが、一般的に無意識のうちに認識している最小の出来事は、自分の心臓の鼓動であり、実質的には1秒に相当します。秒、分、時間、日、週、月、年、数十年、数百年、数千年と、すべて機械的に決定された周期的な出来事の連続です。出来事や一連の出来事は互いに区別でき、順番に並んでいるため、私たちが”時間”と呼ぶものも含めて、私たちの時間体験の現実性を提供しています。私たちは、時計の音、原子の振動、太陽系の自転や公転などの均一で周期的な非関連事象を利用して、より重要な関連事象の順序をよりよく把握できるように、時間の継続の小さな増分を区切っています。

ペルシャ、古代の天文観測儀
ペルシャ、古代の天文観測儀

非常に端的に言えば、経験の順序を決める物理的な出来事がなければ、時間というものは存在しないということです。これは重要なことです。

時間を追跡するための共通の概念や基準の基礎は、外部から課せられ、共同で経験され、そして数え上げられ、見失わないようにしなければなりません。

日時計

時間のもうひとつの側面として注目すべきことは、時間はフランスのメーターのプラチナバーのような人工的な基準で測られるものではなく、出来事は時間のためにカウントされるということです。

メートル原器
メートル原器

基準は私たちの頭の中に組み込まれており、そこには恣意的、人工的なものは何もありません。なぜなら、それは各項目ごとに単位の1を加えることに基づいているからです。

さて、カウントは正しく行えば正しいか間違っているかのどちらかであり、正しく行えば絶対に正しいのです。
測定値は常に近似値であり、精度が問題となる場合には何度か測定を行い、標準偏差という数学的手法を用いて統計的分析を行います。

袋の中にビー玉が何個か入っていて、その数を知りたければ、数を数えます。

袋の中にビー玉

何か人工的な基準を設けて、それを測定するのではありません。本質的に均一でない限り、事象を数えることにはほとんど、あるいは全く意味がありません。ある事象が他の事象と実質的に同一でない場合、その事象はそれ自体がひとつのクラスであり、ひとつであるために数を数える必要はありません。

古代の天地創造の記述は、物理的な宇宙の創造についての記述ではなく、新しい世界環境、新しい宇宙秩序、あるいは新しい時代、すなわち時間を測定する行為(または作業)の時代の創造についての記述であることを、この議論の中で私たちは皆知っているはずです。

順序 sequence は、私たちの最も基本的な現実、経験、論理の概念にとって神聖(嘘偽りはない)です。言い換えれば、順序は決して変えられないし、逆にすることもできません。もしそれが可能であれば、宇宙、つまり物事の秩序は、実に不安定で混沌としたものになるでしょう。

秩序という言葉は、まさに”順序”と同義語です。そこに意味があるはずがありません。なぜなら、出来事の順序を変えれば、いつでも元に戻せるからです。順序は非物質的な現実の一つであり、思考や想像などの非物質的な出来事にさえ適用されます。

さて、私たちの物理的な宇宙には、振動と揺らぎが浸透しています。振動の方向が反転するたびに、すべての粒子の極性が揺れるたびに、ブラウン運動の衝突が起こるたびに、その他の無数の出来事が、タイムインジケータの背景にある基礎構造を順番に形成しています。

電気宇宙のパラダイムでは、すべての粒子は、つながっている宇宙の中の他の粒子を電気的に知っています。そのため、すべての事象は他のすべての事象に何らかの影響を与えますが、それは極めて小さく無関係なものです。このように、科学的な方程式や化学式の中で時間の象徴としてのTが使われるとき、それはこの神秘的な定義できない現実の側面を表すものではありません。しかしまた、現象に何らかの影響を与える、その期間(年月)によって区別される多数の背景事象を表しています。

らせん状の時計

存在は時間に基づくものではありませんが、時間は物理的な宇宙における存在と出来事に基づいています。私の考えでは、このような基本的な問題について、もっと注意深く考え、話すことを学ぶ必要があると思います。

意味のない質問の例としては、次のようなものがあります。
何もない時代はあったのか?
あるいは、物理的な宇宙が存在する前の時代はあったのか?
あるいは、時間がなくなるとどうなるのか?
あるいは、もし始まりがあったとしたら、始まりの前には何が存在し、何が起こったのか?

繰り返しになりますが、時間は物理的事象に基づく物理的宇宙の一側面であり、物理的宇宙に付随するものです。簡単に言えば、物質的な宇宙がなければ時間もありませんが、だからといって時間を具象化(形をはっきりとさせること)できるわけではありません。なぜなら、時間はそれ自体としては存在しないからです。

時間は、遅くしたり、速くしたり、逆にしたりできるものではありません。同期した時計やメトロノームが狂うのであれば、それがどのようなメカニズムやプロセスで起こるのかを考えなければなりません。しかし、時間が歪んでいると考えることはできません。また、次元は、圧縮したり伸ばしたりするために具象化できるものではありません。
相対性理論は、このふたつの点で徹底的に混乱しています。

電気宇宙からの宇宙ニュースの継続的な更新については、Thunderbolts.infoにご期待ください。

歪んだ時計

──おわり
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました