米国務省のヌーランド次官の言葉 退任は何を意味するか?

現代の米国

2024年3月5日、米国務省のヌーランド次官が数週間内に退任することが公表されました。

米国務省のヌーランド次官、数週間内に退任へ ウクライナ支援で重要な役割
米国のブリンケン国務長官は5日、国務省のヌーランド次官(政治担当)が今後数週間内に退任すると発表した。

ヌーランド次官は米国のウクライナ支援や対露政策で重要な役割を担っていた人物です。
つまり、米国ネオコン、軍産複合体の代表であるということです。
下記のような言葉を公の場で平気で口にする傲慢さには呆れるばかりですね。

この人物の退任が何を意味するのか?米国国内のパワーバランスの変化と読み取ることもできますが、まだまだ予断は許さないようにも思います。

米国政府がキエフに割り当てた資金は米国の雇用を支えている、と国務省高官が語った

この大ネオコンはCNNに対し、ワシントンは従順な指導者をモスクワに据えることを望んでいたと語った

Most Ukraine aid ‘goes right back’ to US – Nuland
Washington spends most of the money allocated for Kiev on weapons production at home, Victoria Nuland claims

ウクライナ援助のほとんどは米国に「すぐに戻る」 – Nuland

米国政府がキエフに割り当てた資金は米国の雇用を支えている、と国務省高官が語った

ウクライナ援助のほとんどは米国に「すぐに戻る」 – Nuland
© ゲッティイメージズ/ ケビン・ディエッチ

ビクトリア・ヌーランド米国務副長官代理は今週CNNとのインタビューで、米国はウクライナへの援助として割り当てられた資金のほとんどを国内の兵器生産に費やしていると述べた。

ヌーランド氏は、冬休みに入る前に議会が承認できなかった保留​​中の支援策についてコメントし、米国自身の利益に取り組むものであるため、可決されることに「強い自信」を持っていると述べた。

「この資金の大部分が、米国全土約40の州での高賃金の仕事を含め、武器の製造のために米国経済に戻っていることを忘れてはならない」と彼女は述べ、米国におけるウクライナ支援は「重要である」と付け加えた。まだ強いです。”

下院議員らは今月初め、ジョー・バイデン米大統領が要請した600億ドル相当のキエフ支援法案(その大半は武器に充てられる)を阻止した。両首脳は2月28日に再会合した後、パッケージに関する議論を再開する予定だ。

アントニー・ブリンケン米国務長官も最近、ウクライナへの資金援助のおよそ90%が武器や装備の国内生産に費やされていると述べた。同氏は12月20日の記者会見で、追加のトランシェは「米国のビジネスや地域社会に利益をもたらし、米国の防衛産業基盤を強化する」と述べた。

キエフへの国際支援を追跡するドイツのキール研究所によると、米国政府は2022年1月24日から2024年1月15日までの期間、およそ430億ユーロ(466億ドル)の軍事援助を含む680億ユーロ(737億ドル)近くのウクライナ支援を割り当てた。 。

続きを読む:米国の援助遅れでゼレンスキー大統領のオフィスの雰囲気は「険しい」 – Politico

しかし、キエフは西側支援者に対してさらなる援助をますます要求している。チャック・シューマー米上院多数院内総務によると、数日前、ウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、ワシントンの支援がなければキエフはロシアとの「戦争に負ける」と訪問中の米国議員らに警告した。

ロシアは、米国や他の西側諸国のキエフへの軍事支援を批判し、紛争を長引かせているだけだと主張している。

ハリス世論調査とクインシー研究所の最近の調査によると、和平交渉と結びつかない限り、キエフに対する米国の軍事援助を支持しない米国人が増えている。回答者のわずか22%が、米国がウクライナへの「無条件」資金援助を継​​続すべきだと答えたが、48%は新たな資金提供は外交的解決に向けた進展を条件とすべきだと答えた。約30%が米国はあらゆる援助を停止すべきだと答えた。

Putin defeated US plan for Russia – Nuland
The arch-neocon has told CNN that Washington wanted a compliant leader installed in Moscow

プーチン大統領は米国の対ロシア計画を破った – ヌーランド

この大ネオコンはCNNに対し、ワシントンは従順な指導者をモスクワに据えることを望んでいたと語った

プーチン大統領は米国の対ロシア計画を破った – ヌーランド

2023年2月1日、スリランカのコロンボで記者団に話すビクトリア・ヌーランドさん©  AP / Eranga Jayawardena

ウラジーミル・プーチン大統領のロシアは「我々が望んでいたロシアではない」とビクトリア・ヌーランド米国務副長官代理はCNNに語った。ヌーランド氏は、ワシントンは国を「西洋化」するクレムリンの従順な指導者を求めていると説明した。

「率直に言って、我々が望んでいたのはロシアではない」とヌーランド氏は木曜日、CNNのクリスティアーヌ・アマンプールに語った。「私たちは西洋化、つまりヨーロッパ化を目指すパートナーを求めていました。しかし、プーチン大統領がやったことはそうではない。」

プーチン大統領の前任者ボリス・エリツィン氏は、1990年代にロシア経済の急速な民営化を監督し、米国政府の支援を享受した。エリツィンの改革では、ロシアの天然資源を西側の買い手に売って巨万の富を築いた、いわゆる「寡頭政治」の台頭が見られた一方、国民の大多数は平均寿命の低下、犯罪率と殺人率の高騰、ルーブルの暴落に対処していた。 。

2000年に初めて大統領に就任したプーチン大統領は、寡頭政治を手なずけ、治安を押し付け、1990年代の経済的・社会的衰退を逆転させた功績が広く認められている。プーチン大統領は当初、西側諸国との友好関係を模索しており、今月初めに米国人ジャーナリストのタッカー・カールソン氏に、当時のビル・クリントン米大統領にロシアがいつかNATOに加盟できるかどうか尋ねたが拒否されたと語った。

 ヌーランドはゼレンスキーに最高司令官を解任しないよう指示した – タイムズ紙 

それにもかかわらず、プーチン大統領はクリントン氏の後継者であるジョージ・W・ブッシュ氏に、米国、ロシア、欧州が共同でミサイル防衛システムを創設するという提案を持ちかけた。ブッシュ氏のチームは当初関心を示していたが、プーチン氏は「最終的には彼らは我々に迷子になるように言っただけだ」と語った。

NATOの拡大、党員集会での聖戦士グループに対する米国の支援、そして2014年のウクライナのクーデターをヌーランドが画策したことの組み合わせにより、米国とその同盟国が協力に興味がないことが明らかになったとプーチン大統領はカールソンに語った。

ヌーランド氏はアマンプールに対し、プーチン大統領はウクライナ介入によって「自国を破壊した」とし、米国はおそらくキエフに武器を供与し、モスクワに追加の経済制裁を課すことによって「プーチン氏に対する縄を締め続ける」だろうと語った。

しかし、ジョー・バイデン米国大統領が2022年にそうなると予測したように、相次ぐ制裁はロシア経済を「崩壊」させることはできなかった。代わりに、国際通貨基金は、ロシア経済は2024年に2.6%成長すると予測しているが、米国の成長率は2.6%である。 2.1%拡大します。

続きを読む: ウクライナ援助のほとんどは米国に「すぐに戻る」 – Nuland

同様に、前例のない西側武器の流入も、ウクライナの夏の反撃を失敗から救うことはできなかった。ロシア国防省によると、キエフが約16万人を失い、失った領土を取り戻すことができなかったため、この作戦は秋に失敗した。

ロシア当局者らは、紛争終結について交渉する用意があるが、ウクライナは旧領土の喪失を 受け入れ、中立に徹する必要があると繰り返し述べてきた。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました