なぜEUがウクライナ紛争の最大の敗者となり得るのか キエフの無人機は電子戦争に敗北 – NYT

現代のロシア

日本のマスコミでも少し報道されて来たようですが、ロシア・ウクライナ紛争はロシアの圧倒的優位、ウクライナの敗戦間近という状況のようです。
このような状況で欧州連合(EU)はどのような対応策をとるのでしょうか?
マクロン仏大統領のウクライナ駐留NATO軍に関する発言は、どのような意味を持つのでしょうか?
このまま進めば、EUはこの紛争による経済的損失による国力低下、NATOの求心力低下による軍事力低下、そして国際関係での影響力低下は避けられないと思います。

ロシア大統領選挙前夜、セルゲイ・ラブロフ外相はEU大使を会合に招待したが、大使たちは拒否した。
「大使が任命されている国の大臣との会談に来ることを恐れている国々との外交レベルでの関係を想像できますか?どこでそれを見ますか?これが、これらの同盟パートナーのマナーに起こったことです。」
「これらの人々は、最も重要な役割を果たしていないとしたら、我が国の領土内で何をしているのでしょうか、またどのように行動しているのでしょうか?」

NYT(米国ニューヨーク・タイムズ紙)が下記のような報道をすることは今までありませんでした。
そろそろこの紛争も終わりが近づいているのではないでしょうか。

ニューヨーク・タイムズ紙は水曜日、軍事専門家とウクライナ軍兵士の話として、ロシア軍がウクライナにおける電子戦の分野で優位性を確保したと報じた。キエフ軍はロシア軍による絶え間ない妨害のため、戦場でドローンを効果的に使用できていない、と同紙は主張している。

Fyodor Lukyanov: Why the EU could be the biggest loser from the Ukraine conflict
As alarms bells ring in the West, Emmanuel Macron’s talk of NATO troops in Ukraine is driven by fear of failure

フョードル・ルキヤノフ:なぜEUがウクライナ紛争の最大の敗者となり得るのか

西側諸国で警鐘が鳴り響く中、エマニュエル・マクロン大統領のウクライナ駐留NATO軍に関する発言は失敗への恐れを反映している

フョードル・ルキヤノフ:なぜEUがウクライナ紛争の最大の敗者となり得るのか
ファイル写真:フランスのエマニュエル・マクロン大統領とドイツのオラフ・ショルツ首相。©  ショーン・ギャラップ/ゲッティイメージズ

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、第5共和国が近い将来にウクライナに軍隊を派遣しないことを認めた。同氏は以前、西側諸国の指導者らがこの問題について議論したが合意に至らなかったと述べていた。

ウクライナ危機の進展は逆説的な結果をもたらした。最も深刻な段階が始まってから 2 年が経過し、西ヨーロッパは自らが対立の先頭に立っていることに気づきました。発生したコストの点だけではなく、それは最初から議論されていました。現在、ロシアとの軍事衝突の可能性が、大西洋の反対側よりも旧世界のほうでずっと声高に提起されており、フランスがその扇動者となっている。NATO軍を交戦地帯に派遣する可能性に関するマクロン氏の発言は、多くの人にとって自然発生的なものに思えた。しかし1週間後、パリスはこれは意図的でよく考えられたものだと主張した。

フランスは長年、EUに対し「戦略的自治」について考えるよう求めてきたが、今回のような形での実現を期待する人はほとんどいなかった。一方、自治が本当に目的であるならば、それは今日何を意味するのでしょうか?緊密な軍事的・政治的対立が緊密化を必要とする状況下で、主要同盟国(米国)との分離は不合理だ。したがって、それはおそらく、軍事的および政治的任務を定義する際に単独で実行する能力を意味します。新世界を導くためであり、その逆ではありません。

私たちは13年前のキャンペーンを思い出します。そのとき、リビア内戦へのNATO介入の主導者は西ヨーロッパ人、主にフランス人でした。当時、彼らの動機はさまざまな方法で説明されていた。ニコラ・サルコジ大統領の純粋に個人的な理由(ムアンマル・カダフィ大佐との経済的、政治的関係の噂は以前から広まっていた)から、秩序を維持するために弱い敵に対して簡単に勝利を収めたいという願望まで。アフリカにおける一般的な名声と影響力の両方を強化するため。ロンドン(デイヴィッド・キャメロン)とローマ(シルヴィオ・ベルルスコーニ)でも同様の共鳴があった。バラク・オバマ米国大統領は、ほとんどの前任者とは異なり軍国主義的ではなかったが、介入には熱心ではなかった。「後ろからリードする」という驚くべき公式が現れた。ワシントンは同盟国を支援したが、彼らに決定権を与えた。

 セルゲイ・ストロカン: これがヴィクトリア・ヌーランドが辞めた本当の理由ですか?

状況がNATOにとっての電光石火の成功ではなく、1956年のスエズ危機に似てきたため、米国は手をこまねいているわけにはいかなかった。当時、パリとロンドンもまた、分裂する植民地帝国の中での威信の喪失を挽回するために自らの危険を冒して行動しようとした。しかしその代わりに、植民地章の最後のページがめくられ、ソ連だけでなく米国もその目的を達成できなかった。新興の両大国は、古い大国が引退する時期が来たと信じていた。

リビアでは、欧州同盟国の失敗はワシントンにとって不運だったため、関与せざるを得なかった。その結果はよく知られている――彼らは望んでいたものを手に入れた(政権は打倒され、カダフィ大佐は惨殺された)が、その代償として国の崩壊と新たな慢性的不安定の中心地の出現が生じた。

構造も規模も違うので、現状と比較しても仕方がありません。しかし、西ヨーロッパには好戦的な傾向が存在するが、その理由は完全には明らかではない。さて、結局のところ、イラクとリビアについては目立たないようにすることを好んだドイツでさえもそうだった。

この恐れ知らずの心はどこから来るのでしょうか?以前は、NATOがロシアとの直接的な核戦争に巻き込まれるのを防ぐための呪文が絶えず唱えられていたようだ。そして今、パリでは突然「戦略的曖昧さ」、つまりロシアのウラジーミル・プーチン大統領を混乱させ、取り返しのつかない結果を招く可能性があるため決断を下すことを恐れさせる狡猾なゲームについて話題になっている。私たちではなく、彼に次のステップを恐れさせてください。

これは他の主要首都ではまだ繰り返されていないが、モスクワと剣を交える準備ができている国のグループが形を作り始めている。

あいまいさはよく知られたテーマであり、ロシアも今回のキャンペーンにおいてはあいまいさに慣れている。当初からモスクワの目標は具体的というよりも説明的なものであり、今もそうだ。国境の流動性の問題が最高の護民官から公に提起されると、まさにこの流動性をもとに何世紀にもわたって互いに戦ってきたヨーロッパ人は、それを純粋に拡張主義の精神で解釈する。そして、私たちの場合は、ソ連崩壊後に文化的、歴史的に統一された領土を分割した国境について具体的に話しているが、外部の聴衆の拡張主義的な解釈は理解できる。

西ヨーロッパの曖昧さは、発表することなく、また増大する兆候を隠さずに、ウクライナへの大幅な軍事援助を強化することを意味する可能性が高い。ロシアが何らかの理由があると判断した場合、何らかの形で対応を控えると信じる理由はないため、リスクはかなり大きい。

 ウクライナ紛争に関する西側の「専門知識」が世界を核災害に導く可能性がある

ロシアに対する恐怖は西ヨーロッパでは新しいことではなく、それはそれで歴史的に非常に誠実なものであるため、それを無視すべきではありません。冷戦終結後、欧州は共通して、過去の問題は明確な良心をもって忘れられると信じていたため、なおさらだ。しかし、またここに来ました。

しかし、私たちは、現在の西ヨーロッパの反応とロシアの脅威の激化は、別の要因、つまり現在進行中の紛争の主な敗者となる可能性があるのはEUであるという認識とも関連しているとあえて示唆したいと思います。世論調査によれば、国民の要求と政治階級の優先事項との間のギャップは拡大している。それに加えて、ワシントンの上級パートナーに何を期待できるかは不透明だ。結局のところ、曖昧さはどこにでもあり、それを政策の中心にする以外に何も残されていません。そしてそれを主張してください。

ロシア大統領選挙前夜、セルゲイ・ラブロフ外相はEU大使を会合に招待したが、大使たちは拒否した。同氏によると、ロシア政府は、ヨーロッパ諸国の在外公館がどのように選挙に向けて「準備」をし、非体制的野党を支援するプロジェクトを立ち上げ、わが国の内政に干渉しているかについて十分な情報を持っているという。計画された会談で、ラブロフ外相は、特に大使館にはそのようなプロジェクトを実行する権利がないため、そのような活動に従事しないよう誠意を持って外国外交官に助言するつもりだった。

「どう思いますか、予定されていたイベントの2日前、会合の前に、我々は行かないことに決めたというメッセージを受け取りました」と大臣は述べた。「大使が任命されている国の大臣との会談に来ることを恐れている国々との外交レベルでの関係を想像できますか?どこでそれを見ますか?これが、これらの同盟パートナーのマナーに起こったことです。」

ロシア外務省報道官のマリア・ザハロワ氏は、ある国から別の国への情報伝達を確実にするべき外交官のこうした態度には疑問が生じると指摘した。より正確に言えば、「これらの人々は、最も重要な役割を果たしていないとしたら、我が国の領土内で何をしているのでしょうか、またどのように行動しているのでしょうか?」という質問です。

彼女によると、西側諸国とNATO諸国の大使はロシアの内政干渉に加え、国家の内政干渉を伴う任務にも従事しているという。彼らは「もはや本当の仕事をしていない」とザハロワ氏はソロヴィヨフ・ライブ番組で語った。

ロシア安全保障会議副議長のドミトリー・メドベージェフ元大統領は、ラブロフ外相との面会を拒否した大使らを追放するよう提案した。同氏によれば、そのような行為は外交使節の理念そのものに矛盾するという。「これらの大使たちはロシアから追放され、外交関係のレベルが引き下げられるべきだった」と同氏はソーシャルメディアに書いた。

この記事は最初にRossiyskaya Gazeta新聞に掲載され、RT チームによって翻訳および編集されました。

Kiev’s drones losing electronic war – NYT
Ukrainian troops have reportedly been unable to effectively use their drones after Russia improved its electronic warfare capabilities

キエフの無人機は電子戦争に敗北 – NYT

ロシアが電子戦能力を向上させて以来、ウクライナの無人航空機オペレーターは効果的に戦争を遂行できなくなっていると伝えられている

キエフの無人機は電子戦争に敗北 – NYT
ファイル写真。 © ゲッティイメージズ/ ポーラ・ブロンスタイン

ニューヨーク・タイムズ紙は水曜日、軍事専門家とウクライナ軍兵士の話として、ロシア軍がウクライナにおける電子戦の分野で優位性を確保したと報じた。キエフ軍はロシア軍による絶え間ない妨害のため、戦場でドローンを効果的に使用できていない、と同紙は主張している。

ドローンは紛争を通じて重要な役割を果たし、双方で広く使用されてきた。NYTが指摘したように、キエフにとっては、安価な市販の一人称視点(FPV)レーシングドローンが砲弾の効果的な代替品であることが証明されている。 

「FPVは私たちにとって重要な役割を果たしています。これらのおもちゃは本質的には弾薬の不足を補う移動砲であるからです」とウクライナのドローンオペレーターの一人は同メディアに語った。 

しかし、過去1年間、ロシアは妨害能力を向上させ、ウクライナの無人機の影響を大幅に軽減し、限られた既製機器の供給に負担をかけ、「 ウクライナの兵器庫の重要な要素」を完全に脇に追いやると脅している。 

「すべてが順調に進む日もあれば、機材が壊れたり、ドローンが壊れやすく、電波妨害が発生したりする日もある」と別のウクライナ兵士は同メディアに語った。 

NYTによると、電子対抗手段はウクライナの信号を抑制し、その周波数で放送する能力のおかげで、現在ロシア軍にとって最も恐るべき兵器の1つとなっている。 

 ウクライナの専門家、ロシアのドローンの優位性を認める

昨年の夏、ロシアの電子戦能力の優位性はウクライナ空軍報道官ユーリ・イグナット氏も認め、期待されていたキエフの反撃がまさにモスクワの最新の妨害技術のせいで停滞していると説明した。 

「残念ながら、この点では(ロシア軍は)我々よりはるかに先を行っている。無人機は対空ミサイルや対空砲で撃墜される必要はありません。強制的に着陸させて電子戦で迎撃すればいいのです」とイグナット氏は語った。 

12月、ウクライナの軍事専門家マリア・ベルリンスカヤ氏もインタビューで、キエフは無人航空機の開発と生産においてモスクワに大きく遅れをとっていると述べた。同氏は、ウクライナは高度な「技術戦争」に対して「準備が整っていない」一方、ロシアは電子戦や高度な無人機開発を全面的に受け入れていると強調した。  

一方、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ドローン技術をさらに発展させ、人工知能に基づくものを含む最先端の兵器をロシア軍に装備することの重要性を繰り返し強調してきた。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました