生物の形はDNAがつくるのか?

生物学

生物に限らず、モノの形はどのように決まるのか?形態共鳴とは何か?
面白い記事の紹介です

生物の形はDNAがつくるのか?
キルリアン写真がずいぶん前に話題になったことがありました。コロナ放電写真とも言います。エネルギーのようなものが出ているのは分かりましたが、それが何なのか当時は見当もつきませんでした...

答えを探す場所を間違えている

前回の記事『生物学の電気的形成(私たちはDNAについて間違って教えられてきた?)』のパート2です。
この中で葉っぱのコロナ放電写真というのが出てきます。

葉のコロナ放電写真

見たことあるなと思ったら、思い出しました。20年以上前、その頃話題になっていたキルリアン写真と同じものですね。その頃はオーラ写真というのも流行っていました。不思議で、何か良く分からないけれどなにかしらエネルギーというものが出ているんだという認識しかありませんでした。電気宇宙というものを知った今は別のもっと具体的な見方ができそうです。

懐かしくて調べていると、ほとんどの記事が基本はウィキから引っ張ってきた記事ばかりでした。その中で『コロナ放電写真に関する研究』という「医療用画像処理技術 MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY Vol.13 No,1 January 1995」の論文がありましたので少し引用させていただきます。

「目に見えないものを見ようとする試みは、空間的には電子顕微鏡や天体望遠鏡を発展させ、時間的には極短パルスレーザや、安定で単一周波数(超純粋スペクトル)を有するコヒーレントレーザを誕生させた。
……コロナ放電写真は、高電圧写真 (High Voltage Photography) とも呼ばれる。ここではとくに、生体のコロナ放電を写真にしたものについて記述する。この生体のコロナ放電写真を、一般にキルリアン (Kirlian) 写真と呼ぶ。この呼び名は、人体のコロナ放電を観測し、コロナ放電写真機を発明した人物の名前に由来する。キルリアン写真は、1939年旧ソ連の電気技師、Semyon Kirlianが、工事中に感電することから生まれた。彼は感電中に、自分の手が青白く光るのを見たのである。その後、モスクワ大学と共同研究を行うなど、ほぼ30年におよぶ期間、彼は電圧印加時に観測できる青白い光に関して研究している。
キルリアン写真は、いわゆる霊能者たちが昔から語っていた、人間の身体表面や周囲にゆらぐ発光体、つまり未知の生体エネルギー、オーラの観測方法として、世に紹介された。このため、旧ソ連、東欧圏を中心とする限られた分野の研究者によって、実験が進められ るという結果になってしまった。過去紹介された他のオーラ観測法のことごとくが、未知の現象を追うにはあまりにも信頼性の点で貧弱であったため、キルリアン写真もこれらと同一視され、大部分の研究者の間では、議論の対象にすらならなかった。しかし1970年 に、カナダのジャーナリスト S.OstranderとLo Schroeder が、旧ソ連、東欧圏の超心理学研究の実体を紹介してか ら、西側諸国の研究者たちが活気づくことになる。
1973年に D.B.Boyers と W.A.Tlller が、キルリアン写真がコロナ放電を撮影した写真であると主張してからは、日本でも井村宏次をはじめ、ごく少数ではあるが、真摯な実験を行うグループが出てきた。
一方、生体の周囲には場が形成されており、この生体場には、生理的な情報が含まれているとする報告がある。キルリアン写真は、この生体場を示しているとも考えられる。また、生物フォトンで知られる生体の発光現象や、気功術などの生体放射の一種とも考えられる。
……生体コロナ放電写真が、今後何の役に立つかは、まだ明らかではないが、ここで述べたような生体の生命力の尺度となったり、西洋医学と東洋医学との相違点を埋めるのに効力を発揮するものと思われる。コロナ放電写真に関して不明な点は、生体放射や生体場の検証とともに明確になっていくものと思われる。生体放射や生体場の問題は、科学技術が進展した現代にこそ、回答が用意されているのではなかろうか。確信を深めるためにも、傍証を得る必要性があろう。ここでは、新鮮な生体や自然農法産物のコロナ放電写真が、生気のない生体や、慣行農法産物のそれより感光部面積が大きいことを示した。また、人体に関しては「気」の放射により感光部面積の増大が観測され、病患部の治癒効果を予測させる結果を示した」

キルリアンという人が実際に自分の身に起こったことから研究を始めた1939年から、80年以上過ぎてしまいました。どこかの記事で電気宇宙論のソーンヒル氏が、我々は150年くらい無駄にしたというような記事を見かけたことがあります。150年間、答えを探す場所を間違ってきたのだと思います。食料品店に行って、自分に似合う服が見つからないとブツブツ不平を言ってきたようなものです。現代の物質社会がもたらした弊害や批判はよく耳にしますが、その物質でさえ、よく理解できてないのが現実ではないでしょうか。また、そもそも物質というものがよく分かってない現状でスピリチュアルな世界を語ることもできないのかもしれません。 

どういうことかというと、これまで教えられてきた公認科学の常識というものをベースにしては、3次元と言われるこの物質世界のことでさえ実はよく分からないと思うのです。いっぱい騙されごまかされていますから。歴史の分野では縄文時代の事など含め教えられてきた歴史が実は違っていたということがよく言われるようになりました。同様に物理というか、この宇宙をどう見るのかという視点も再検討が必要だと思っているからです。ですから3次元を誤解したベースの上に4次元5次元のことが語れるのか不思議に思うことがあります。そういう次元があるのかどうか知りませんけど。 

要約
「2回に分けてお届けする第2回では、3つの基本的な疑問を検証します。
物質は自らを組織化することができるのか?
形状と輪郭はどこから来るのか?
物質がなければ形は存在しないのか?
天体物理学者であり、SAFIREプロジェクトの主任研究員であるマイケル・クラレージ博士は、数十年にわたって自然界における形態の起源を研究してきましたが、現在の科学は形態がどのようにして生まれるのかを説明するのは得意ではないと考えています。地質学、物理学、化学、生物学、天文学にせよ、形がどのように発生するかを説明する際には、かなりのごまかしがあります。クラレージ博士は、パワフルで深遠なアイデアを伝えてくれます。目的が変われば、形も変わります。目的は因果関係にあります。それは物事を実現し、すべての人にとってより便利で意味のある宇宙論を提示します」

マイケル・クラレージ:電気の形と機能Michael Clarage: Electrical Form and Function

前回の続きです。
物質は自分自身を組織化することができるのでしょうか?

唯物論的還元主義を信じている人は、宇宙は物質だと言います。物質と力だけです。そして、力は物質ではありませんが、今はその矛盾を謹んで見過ごすことにします。レクチャーの前半では、唯物論的還元主義を生物学に適用して、DNAがすべてであるとする方法を見ました。DNAと化学物質の袋(※1)さえあれば、どんな生命体でも作ることができます。

しかし、前編で示したように、この理論を単純なワームに適用した場合、大きな問題、混乱、矛盾が生じます。多くの過去の文明は、私たちがこのような非常に基本的な質問に行き詰まっているのは、答えを探す場所を間違えているからだと言うでしょう。私たちは、物質に形を作らせたいと思っていますが、物質だけでは形を作ることができないとしたらどうでしょう。

もう一つの考え方は、形状や輪郭が物質に押し付けられたり、物質に利用されたりすることです。これを説明するために、自己組織化した物質の証明としてよく展開される例を見てみましょう。
ベロウソフ・ジャボチンスキー反応(※2)は、物質だけが自己組織化できることの証明としてよく取り上げられます。
ここでは、シンプルな化学薬品の調合により、美しい交互の螺旋が循環しています。自己組織化された物質の例として、結晶の成長を挙げる人もいます。例えば、ジオード(晶洞、結晶が洞窟状になったもの)や、家庭で氷砂糖を作ることもそうです。

ジオード(晶洞、結晶が洞窟状になったもの)

しかし、これらの研究室のケースでは、例外なく研究者たちは何時間もかけて、特殊な条件を作り出すための特別な装置を設置しています。彼らはスイッチを入れると「ほら、物質が自己組織化したぞ」と言うのですが、私は「いや、あなたは何ヶ月もかけて慎重に物事をアレンジし、外から形を押し付けただけだ」と思います。

ほら、物質が自己組織化した

実際、物質は自己組織化できないことを証明したことになります。結晶の成長の場合、大学院ではX線回折実験のためにタンパク質の結晶を成長させることに何ヶ月も費やしました。私の経験から言うと、ほとんどの場合、何もできず、非常に注意深く制御された条件と明らかな芸術性によってのみ、結晶が形成されますが、物質は自己組織化しないことを改めて示しています。

では、形状と輪郭はどこから来るのでしょうか?

古い考え方では、輪郭や形状は、その一部である大きな世界から何かに押し付けられるものだとされています。例えば、肝臓の細胞は、肝臓の一部であるからこそ、その形と機能を持ち、肝臓という大きな体の中で、非常に明確に仕事をしています。もし、その細胞が別の世界、例えば胃の一部にあったとしたら、その細胞は別の形をしているでしょう。

臓器の細胞

臓器自体がそれぞれの形を持っているのは、体の一部であり、それぞれが体のために行う仕事が明確に定義されているからです。適切な形状という概念そのものは、大きな体の一部としてしか意味を持ちません。それが正しい形かどうかを知る唯一の方法なのです。自分が正しい仕事をしているかどうかを知るには、それしかありません。

人間の細胞

大きな世界とのつながりを断ち切ってしまうと、本来の姿ではなくなってしまうのです。がん細胞は、体の大きな部分とのつながりを絶ってしまったのです。がん細胞には形も機能もありません。がん細胞は、まだ体の物質とつながっています。血液の物質はまだがんに流れています。物質的な断絶はありません。その代わり、目的と機能が切り離され、輪郭や形状が失われています。

これは考え方の違いだと自覚しています。長年考えてきましたが、いまだにつかみどころがありません。私たちは何世紀にもわたって、物質がすべてを説明するという考え方に浸っています。輪郭や形状は物質とは全く別のものだと考えるのは難しいかもしれません。
形とは、物質に課すことができるものであり、物質が利用できるものでもあります。しかし、形は物質ではなく、形は物質から生まれるものではありません。生きているシステムには、きちんとした形があります。恣意的なものではありません。

カエルの足の指は、一定の形をしていないとカエルの足の一部にはなりません。蛙の足の一部であるためには、ある特定の形をしていなければならないし、蛙全体の一部であるためには、ある特定の形をしていなければなりません。一度でもカエルを見たことがある人は、どんなパーツでも間違って形成されたり、正常な働きをしていないときは明らかにわかります。

どんなパーツでも間違って形成されたり、正常な働きをしていないときは明らかにわかります

DNAがどのようにして形や機能を生み出すのかを問うのではなく、環境がどのようにしてDNAから異なる成分を引き出すのかを問うべきなのです。

物質がなくても形が存在するという証拠はあるのでしょうか?

コロナ放電イメージング(画像化)では、1cmあたり数キロボルトの電界の中に対象物を置きます。対象物が電子の流れを歪ませることで、対象物の非常に美しい画像を得ることができます。

コロナ放電イメージング
コロナ放電イメージング

プレートの間に葉っぱを置くと、葉っぱの構造が見えてきます。(下の)左の画像は、そのような葉のコロナ放電写真です。その後、葉の上部を切り落とし、前の画像の汚染がないように、新しいカバープレートとフィルムを選択します。そして、新たなコロナ放電画像を作成します。右の画像のようになります。切り取った部分の多くはまだ見えています。

実体のない領域 カット 物理的リーフ

ある研究では、14種から137枚の葉を撮影しました。96枚の写真には、少なくとも取り除いた葉の部分が写っていました。その部分の物質が欠落しているのに、どうしてそうなるのか?

実体のない領域 カット 物理的リーフ
実体のない領域 カット 物理的リーフ

その形は物質とは無関係に存在し、電界や電子の流れによって検出されます。個人的には電界が形の仲介者になっていると思っています。私は電界がフォームの原因であるとは考えていませんが、この仮説はさらなる実験で確認できます。

この結果は、ホログラムフィルムのすべての小さな部分に全体像が含まれているホログラムを思い起こさせるかもしれません。ホログラムは物理学で簡単に説明できますが、個人的には見るたびに驚かされます。実際に存在していることに戸惑いを覚えます。

ホログラム

ホログラム写真の各部分が実際に使われて、全体の写真を再現することができるということが私には理解できません。

ホログラムの原理 - "あらゆる部分に穴がある"
ホログラムの原理 – “あらゆる部分に穴がある”
ホログラムプレートの各部分には、対象物の全体像に関する情報が含まれています。

この葉っぱの実験でも同じように、葉っぱの残りの部分に、葉っぱ全体を構成するのに必要な情報が何らかの形で含まれていることがわかります。

葉っぱの実験

それは、プラナリアの虫も同じです。残ったワームの一部には、なぜかワーム全体の模様が残っていて、それを物質が埋めていく。

プラナリア

生物学の世界から離れ、DNAのことは忘れて、頭を整理して、まったく別の環境でこれらを見てみましょう。
雪の結晶を考えてみます。見事な美しさです。何百万もの雪の結晶を見てきましたが、今のところ全く同じものはありません。テーマの中に無限のバリエーションがあります。

雪の結晶

物理学やたぶん化学が、雪の結晶がどのようにしてその形を得るかを説明していると、あなたは聞いたことがあるかもしれないし、思い込んだことがあるかもしれません。そうではありません。雪の結晶の形態の起源は謎に包まれています。
この雪の結晶の画像には、2つの部分に印をつけました。2つの赤い円を見て、次に2つの黄色い円を見ます。

雪の結晶の画像

2つの赤い領域は、どのようにして同じ形状を作ることを知ったのでしょうか?
 
黄色い2つの部分は、どのようにしてメッセージを受け取り、形を作ったのでしょうか。これらの領域を隔てる分子は何兆個もあります。それは、分子であれば基本的に無限に遠いところにあります。そして、無限に遠くからメッセージを受け取る2つの領域だけでなく、すべての機能に対して6つの領域が同じように見えてしまうのです。

雪の結晶

私は、雪の結晶の全体的な形は、凍った水に一度に押し付けられたものだと提案します。ニューイングランドのコントルダンス(男女のペアが順番にパートナーを交換していき、グループの全員に当たるようにする集団舞踊)ホールのように、コーラー(指示を出す人、音頭を取る人)と音楽に合わせて形成されたり、解除されたりします。

雪の結晶ができる部分の電界の中に、パターン全体が存在しているのだと思います。電界がそれだけで形の原因や起源になるとは言いません。しかし、電界は形を物質に変換する媒介者であると考えています。誰かが電界の雪の実験をして助けてくれるかもしれません。パルス状のマイクロ波電界が存在すると結晶成長が阻害されるという、電界が結晶形成に関与していることを示す良い証拠がすでにあります。

携帯電話の電波がキシリトールの結晶形成を妨害するという衝撃的な映像が公開され”形態共鳴”の乱れを示した
携帯電話の電波がキシリトールの結晶形成を妨害するという衝撃的な映像が公開され”形態共鳴”の乱れを示した(※3)

雪の結晶の研究を次のステップに進めるためには、雪の結晶の大規模な形状が、個々の水分子から来ているのではないことを確認する必要があります。また、なぜそうしたいと思うのでしょうか?
もしあなたが科学者なら、なぜこの巨大で精巧な形状が、お互いに何も知ることのできない孤立した分子から生じることを説明したいと思うでしょうか?

最後に、声を大にしてお聞きします。(本人自身への問いかけ)
クラレージ博士は、物質だけではすべてを説明するのに十分ではないとおっしゃっているようですね。そして、輪郭または形状と呼ばれるもう一つの原理を考慮しなければならないということですね。しかし(あなたは、博士は)それが何なのか、どこから来るのかを明確に定義することはありません。

それに対して私はこう答えます。しかし、物質とは何か、どこから来るのか、明確に定義することはできません。そして、形が物質よりもそれほど明白でないということは、本当に理解できません。ですから、おそらく私たちは議論の言葉を変えるべきです。

なぜ誰もが物質という一つの原理だけですべてを説明しようとするのか?
なぜそれが、形という第二の原理を持つことよりも好ましいのか?

それを言うならば、原理がひとつしかない方がシンプルなのは明らかです。私は、やれやれ、本当に? と言うでしょう。私はこれまで、物質だけではあらゆる種類の複雑さや混乱、明らかな矛盾を招くという実験的証拠を示してきました。私は数十年前から自然界の形の起源を研究しています。

現在の科学は、地質学、物理学、化学、生物学、天文学のいずれにおいても、形がどのようにして生まれるのかを説明するのに適していないことがわかりました。物事の形がどのようにして生まれるのかを説明する際には、かなりの量のごまかしがあります。

例えば、宇宙物理学では、なぜ太陽系が一定の数の惑星で形成されるのかは分かっていません。
軌道の間隔が指数関数的なスパイラルに近いのはなぜか。
なぜ惑星の大きさが決まっているのか
なぜ、その星が磁気パターンの特定の周期を持っているのか、などなど。

この問題は宇宙物理学にとって非常に難しいため、一般的には無視されています。私たちの科学がこの分野で弱いのは、形状と輪郭の起源を探す場所が間違っているからだと思います。私たちは、問題を整理することを望み続けます。それは行き止まりだと思います。この行き詰まりを打開するためには、2つの質問が有効です。

一つ目は、なぜあなたは個人的に、物質が自ら組織化するような世界観を望むのでしょうか?
そして、見た物理学のビデオや読んだ本ではなく、自分自身で答えを出してほしいと思います。
二つ目の質問は、あなたの個人的な経験や人生において、何の努力もせずに自然に発生した便利な機能や手順を見たことがありますか?
あなたの目的が変われば、形は変わります。目的は因果関係にあります。それは、物事を起こらせます。より有用で意味のある宇宙論にはそれが含まれています。そのメッセージの一端を伝えることができたのではないかと思います。
ありがとうございました。

マイケル・クララージ

──おわり

資料──化学物質の袋、形態共鳴

※1 化学物質の袋
「DNAと化学物質の袋さえあれば」という表現はアンソニーR.キャッシュモア(ペンシルベニア大学で生物学の教授として最近引退した国立科学アカデミーのメンバー)という方の『ルクレティアンの逸脱:人間の行動の生物学的基盤と刑事司法制度』という論文の中に出てくる表現を指していると思われます。
つまらない文章だと僕は思いますが、いのちが通ってない”作文”の一例としてあげておきます。

「多くの人が、自由意志のない社会の結果は悲惨なものになると考えています。それに対して私は、自由意志のない世界に直面しても、必ずしも悲観的になる必要はないと主張します。確かに、自由意志や障害の概念に関する考え方を明確にすれば、社会学上の厄介な問題のいくつかをより良く解決できる可能性は十分にあります。確かに、犯罪は社会が対処に苦慮している問題であり、米国では世界で最も高い収容率を誇っています。このような理由から、これらの問題に対処する際に、人間の行動の最も基本的な特徴に関する誤った前提を持ち続けることは許されないことなのです。

生物学や生化学を扱った多くの学部の教科書の序章では、私がこの記事で述べたように、生物システムは化学や物理の法則に従うものであり、生物システムとしての私たちは化学物質の袋にすぎない、と強調するのが一般的です。このようなテキストの著者は、このような理解を、初期のバイタリズムの信念(生物学的世界を支配する力は、物理学的世界を支配する力とは異なるという信念)と対比させることに誇りを感じています。皮肉なことに、実際には、自由意志を信じることは、100年以上前に捨て去ったと思いたい概念であるバイタリズムを信じ続けることに他ならないのです。私が懸念しているのは、人間の行動についての活力主義的な考え方、つまり科学機関のいたるところで見られる考え方が、人間の行動の分子遺伝学的および化学的基盤を明らかにするための大規模な取り組みを妨げているということです」

「頭のいい人」の行き着く先は「生物システムとしての私たちは化学物質の袋にすぎない」という言葉を確信・・を持って言えるほどになられるのですね。ですが、これも考えてみると、自分で中身を吟味することなく、世の中の「学者」や「専門家」という権威ある人が言うことは、正しいと信じている人や、マスコミや新聞は間違ったことを言うはずがないと思っている方にとっては「 化学物質の袋にすぎない」 と聞けば、そういうものなのかと思うのでしょうね。
私たちは化学物質の袋にすぎませんか

※2:ベロウソフ・ジャボチンスキー反応
ベロウソフ・ジャボチンスキー反応は大変珍しい化学振動の代表例として知られている。金属イオンを選ぶことで溶液の色がさまざまに変わるので、この反応は試演に向いている。合成化学的観点からは特筆すべき点は無いものの、生命現象や自然界の挙動、複雑系、非線形科学現象を理解する上で、大変示唆に富む反応の一つとされている。 

※3:携帯電話の電波がキシリトールの結晶形成を妨害するという衝撃的な映像が公開され”形態共鳴”の乱れを示した

目に見えない “宇宙のインターネット”のように、結晶が形成するパターンが瞬時に世界中の分子に伝達されることは、以前から科学者の間で知られていた。
ウダードとマクローンは、応用結晶学誌に掲載された論文「異常な結晶化挙動」(Vol.8, 1975, p.342)の中で次のように述べている。
形態共鳴と宇宙の知識データベース
……それは、分子が他の分子に形態構造の”知識”を伝達しているという衝撃的な現実である。この伝達には、技術も距離も必要ない。
科学思想の先駆者であるルパート・シェルドレイクは、この現象を”形態共鳴”と呼び、 形態フィールドを、分子や生命システムが知識や構造、組織情報を記憶したり伝達したりするのに使われる”自然の習性”と表現しています。シェルドレイクの著書には『形態共鳴』『新しい生命の科学』『過去の臨場感』などがあります。ぜひ読んでみてください。
分子が新しい構造を記憶し、それを世界中の他の分子に瞬時に伝達するように、昆虫や動物、人間などの生物も形態フィールドに依存している。クモが壊れたクモの巣を修復したり、サンショウウオが失った手足を再生したりするのは、形態共鳴情報のおかげです。人間の胚が完全な形の人間に成長する際にも形態フィールドが使われていますし、傷の治癒も、個々の細胞に修復すべき構造を指示するために形態フィールドが使われています。(人間の遺伝子は、人間のことをほとんど何も表していません。なぜなら、遺伝子はタンパク質の合成に主眼を置いており、人間の体全体の構造を表しているわけではないからです。)
形態共鳴を実験室で試す
この形態共鳴の理論に興味を持った私は,研究室にあるビデオ顕微鏡を使って,キシリトールの結晶化を撮影することにしました。小さなキシリトールの山をセラミックの容器に溶かし、4Gの携帯電話の干渉がある場合とない場合の両方で結晶が成長する様子を撮影しました。結晶の形成には驚くべき違いがありました。
4Gの携帯電話のエネルギーが存在しない場合(私は5Gの携帯電話を持っていないのでテストできませんでした)、出来上がった結晶は非常に美しく対称的で花に似ていました。

出来上がった結晶は非常に美しく対称的で花に似ていました

4Gの携帯電話のエネルギーがあると、結晶は汚くて混沌とした、対称性を欠いた”破壊された”構造になる傾向がありました。

結晶は汚くて混沌とした、対称性を欠いた"破壊された"構造になる

ある例では、キシリトールの結晶構造が形成され、その”成長”を下のビデオで見ることができますが、これはある種の凶暴な爪や獣の口に似ています。4G携帯電話の干渉を受けてできたこの結晶の特徴である、対称性の欠如と奇妙な直線に注目してほしい。

ある種の凶暴な爪や獣の口に似ています

上の”獣”の画像をよく見ると、奇妙な線や点が、まるで宇宙人のモールス信号のような”スクリプト”のように配置されています。
……また、結晶の”腫瘍”が形成されており、他の結晶の縁に付着して、対称性や明確な核を持たない、混沌とした癌腫のような形状を形成しているのがわかる。

Shocking video reveals cell tower transmissions interfering with xylitol crystal formation, showing disruption of “morphic resonance”より引用)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました