日本の資源確保戦略【原油】・・・油田権益の確保と長期契約、日本の技術供与

現代の日本
Offshore construction platform for production oil and gas. Oil and gas industry and hard work. Production platform and operation process by manual and auto function from control room.

日本は資源の無い国である、と言うのは事実ですが、その確保や調達はどのようにしているのか?今後どうなっていくのか?本当に資源は無いのか?・・・について探求したいと思います。

第1回目は【原油】についてです。

UAE(アラブ首長国連邦)との関係

油田権益の確保と長期契約

日本ではあまり知られていませんが、UAE(アラブ首長国連邦)は日本と友好な関係にあり、日本への長期的、安定的な石油供給を実現している関係にあり、日本が権益を確保している油田があります。

2021年の原油輸入量の統計では、トップはサウジアラビアの39.7%、2位がアラブ首長国連邦の34.7%です。他の中東諸国からの輸入を含めると中東依存度は約91.9%になります。

UAE(アラブ首長国連邦)はアラビア半島にあり、イランやサウジアラビアとも国境を接している国です。
OPECに所属し、サウジアラビアとの関係も強く、世界の石油供給に大きな影響力を持っています。

UAEにはアブダビ油田というのがあり、日本が出資して開発することで一定の権益を買っています。

1969年から50年以上もの期間、今に至るまでずっと権益を得ている。

一般的には、権益の契約期間は20年から30年ほどですが、日本は延長に延長を重ねており、アブダビ油田は海上と陸上の2種類がありますが、日本はそのどちらの権益も確保しています。

他にもアッパーザクム油田やロワーザクム油田、アダルク油田など5つの油田開発と一部権益を獲得し、アブダビ陸上油田は2015年から40年間の契約を結んでおり、ザクム油田に関しても2051年までの権益を確保して、2018年にはサター油田やウムアダルク油田の権益延長も契約されています。

アブダビ油田権益、40年間延長 国際石油開発帝石 - 日本経済新聞
日本が海外に持つ最大の自主開発油田で、3月に契約期限が到来するアラブ首長国連邦(UAE)アブダビの油田権益の更新が決まった。アブダビ国営石油と国際石油開発帝石が契約したと発表した。エネルギー安全保障の観点から政府を挙げて権益維持に向けて働きかけを強めてきた。鉱区「下部ザクム」で10%、40年間の権益を取得した。このほかに、隣接する「ウムアダルク」鉱区で追加権益を取得し40%となった。同社はアブ

日本からの技術供与

日本がUAEで油田権益の確保と長期契約が可能になっているのは、日本がアUAEの企業に技術を提供していることが一つの要因としてあげられます。

最近は原油のある場所に炭酸ガスを入れて圧力をかけて原油を取り出す方法である「炭酸ガス圧入法」という技術を導入しています。この時に使う炭酸ガスは発電所等の排気ガスに含まれる二酸化炭素からが作られるから環境問題にも優しいと言う特徴を持っています。

また、UAEと日本が協力して造船所を作ったり、1980年代には水産資源開発センターを共同で建設し、魚の養殖なども行われています。

このように、UAEに限らず、中東諸国へは、日本の様々な技術の供与、指導や環境への影響に気を配りながらの支援が続けられています。

日本は様々な分野の世界最高の技術を持っており、モノ作りだけではなく、メンテナンスやサービスなども含むその技術は世界一であり、これの供与を望む国は世界中にたくさんあります。

アブダビ陸上鉱区|INPEX
アブダビに保有する2つの大規模油田鉱区

UAEと日本との歴史的な関係

1971年にUAEが建国した時、最初に独立を承認した5カ国に日本も含まれており、1972年に正式な外交関係を築くよう働きかけ1974年にかけてお互いの大使館を開設しています。

その後、日本はアブダビ油田などの独自開発油田を実施できるようになり、共同石油備蓄事業も2009年から開始しています。

共同石油備蓄事業とは鹿児島にある原油タンクをUAEの石油会社に貸して、東アジア向けの供給拠点にする事業です。日本がタンクを貸す代わりに非常時には優先的に原油を供給してもらう契約になっていて、2020年にさらに3年延長され備蓄量も増やすことになっています。

また、2020年にはクウェートとも共同で石油備蓄事業を開始しています。

友好関係の構築と日本からの技術供与がカギ

UAEの油田権益の確保と長期契約の実現は、日本とUAEが深く良好な関係を築けたから、と言うことに尽きます。

UAEの日本への信頼は契約延長という形で現れています。今後も日本がUAEに対し誠実な対応を取り続けることが大事になってくると思います。

1970年代、日本は中東の油田に頼り切っていましたが、1973年にイスラエルと中東諸国間で大きな紛争が起き、日本は深刻なオイルショックを経験しました。

これを教訓に、省エネルギー技術の高度化を実現し、原油輸入先の分散化などの戦略を取ってきましたが、現在は結局中東依存度が上がってきている状況です。 これを打開するためには、中東諸国との有効な関係を継続しながら、原油輸入先の分散化、原油以外のエネルギー資源の導入、自国資源の開拓、開発を進める必要があると思います。

スポンサーリンク
日本は技術立国・職人国家 世界シェア1位の日本企業と製品
日本は技術立国・職人国家 日本は、縄文時代・・・もしかしたら石器時代から・・・現代に至るまで、世界最先端の技術力を持ち、常に世界の技術先進国として歩んできました。 資源や大きな国土がなくても、自然やモノをしっかり対象化しモノ作りに生かす、使う人を対象化し、メンテナンスやサービス、リサイクルにまできめ細かく配慮する、このような規範意識は、モノ作りだけではなく至るところで発揮されています。 日本人はみんな「職人」「技術者」「匠」・・・現代的には良い意味で「オタク」だと思います。お互いが期待を掛け合うという意味では、日本人が製品(モノ)やサービスに要求する水準は世界一厳しいと言えるかも知れません。 日本が、技術立国、職人国家として歩んできた歴史は改めて深掘りしたいと思います。 世界シェア1位の日本企業と製品 平成の時代から現代まで、日本の経済的停滞、失われた30年、などの言葉が氾濫し、日本が衰退しているかのような印象を受けますが、この最先端の技術は脈々と受け継がれています。 その実例として、世界シェア1位の日本企業と製品を紹介します。 この中には、身近な製品から工作機械や金型、そして最先端の...
「三方よし」が経済発展を導く
「三方よし」が経済発展を導く 「三方よし」で各地に進出した近江商人が、江戸時代の全国経済を築いた。 ■1.大飢饉の中での普請  江戸後期の天保の大飢饉(1833 -1839] )の最中、琵琶湖東岸、現在の彦根市に隣接する豊郷(とよさと)町で住宅の改築と寺院仏堂の修理工事を始めた商人がいました。今で言えば、コロナ禍で企業倒産と失業者も増える中で、家を改築するようなものです。  起工を知った彦根藩は飢饉に苦しむ人々を無視した傍若無人の振舞いとして、役人を派遣して咎めようとしました。しかし、役人が現地に行ってみると、工事の従事者には賃金を与え、家族にまで雑炊を振る舞っていたのです。  飢饉で人々が困っている時に、単に施しをするのではなく、仕事を作ってその対価として工賃を支払うというやり方には、相手の立場への思いやりが籠もっていました。工事をしたのは、地元の近江商人・7代目藤野四郎兵衛。派遣された役人は四郎兵衛の義挙を嘆賞し、地元民もこの一時を「藤野の飢饉普請」と呼んで、後世まで語り伝えました。 ■2.「サクラやカエデ?」  こうした義挙は、近江商人の歴史には事欠きません。現在の東近江市に寛政...

コメント

タイトルとURLをコピーしました