プーチン大統領の夢、ロシアの統一、NATOとの対立:勝利演説から得た重要なポイント

現代のロシア

ロシアの大統領選はプーチン大統領が当選しました。

中央選挙委員会(CEC)が月曜日に発表した同国の大統領投票の公式結果によると、ウラジーミル・プーチン氏がロシア大統領に再選された。

プーチン大統領は史上最高の得票率87.28%を獲得し、地滑り的な圧勝で5期目の就任を果たした。プーチン大統領の立候補は7500万人以上の有権者に支持された。

https://www.rt.com/russia/594390-putin-win-presidential-election/

西側の報道は、これに対する何の根拠もない誹謗中傷、フェイク情報を流しています。

ネットが浸透し、MSM(主流メディア)の情報が正しいのか?を自らファクトチェックする人はかなり増えていると思います。
上記のような状況と下記のプーチン大統領の語る言葉とどちらに道議があるのか?一目瞭然ではないでしょうか?

Putin’s dream, Russian unity, conflict with NATO: Key takeaways from victory speech
President Putin has addressed Russian citizens after winning more than 87% of the vote. Read the key takeaways from his speech.

プーチン大統領の夢、ロシアの統一、NATOとの対立:勝利演説から得た重要なポイント

国家元首は3日間の選挙後、ロシア国民の信頼と支援に感謝した

プーチン大統領の夢、ロシアの統一、NATOとの対立:勝利演説から得た重要なポイント
©  スプートニク / ガブリイル・グリゴロフ

ウラジーミル・プーチン大統領は、史上最高の投票率の中、87%以上の支持を得て歴史的な選挙勝利を収めたことを受け、ロシア国民に向けて演説した。以下は日曜日の夜にモスクワの選挙本部で行われた彼の演説と質疑応答からの重要なポイントだ。

プーチン大統領の夢 

プーチン大統領は聴衆に向かって「私は強力で独立した主権のあるロシアを夢見ていた」と語り、投票結果によって「ロシア国民とともに我々全員がこれらの目標を達成できるようになるだろう」との期待を表明した。

選挙結果を記録する

プーチン大統領は、ロシア国民はこの国が直面している劇的な状況を認識しており、多くのことが自分たちに依存していることを理解していると述べた。
「現在の状況により、我々は文字通り、武器を手にした国民の利益を守り、ロシア連邦の本格的で主権のある安全な発展のための未来を創造しなければならないという事実により、私たちの祖国。」 
今年の選挙は74%を超える過去最高の投票率を記録し、プーチン大統領が87%以上の得票率を獲得した。ロシア大統領は、単一民族国家にとっては良好な結果だが、ロシアのような多民族国家にとっては「他に類を見ない例外的」なものであると強調した。

今後の課題

ロシア指導者は、この国は多くの課題に直面しているが、国民が団結し続ければ必ず任務を遂行できるだろうと述べた。
「私たちの前には多くの課題が残っています。そして私たちが団結すれば、誰も私たちを脅したり抑圧したりすることはできません。これまでにこれに成功した人は誰もいませんでしたし、今も起こっていませんし、将来も起こらないでしょう。」 

続きを読む: ロシアでは人々が力だ – プーチン大統領

「私たちには巨大な開発課題があり、人々はそれを心の中で感じ、祖国の発展と強化のための条件を作り出すためにやって来ました… 選挙の結果は、これらの課題が達成され、目標が達成されることを保証します」 

ウクライナの国境侵入と「衛生地帯」

ロシアはここ1週間、ウクライナ破壊活動グループによる同領土への侵入を試みる複数の試みを撃退しており、プーチン大統領は「敵は約5000人のグループを派遣しており、その損失は約40%だ」と述べた。
「そして、私たちの領土に忍び込んだ者たちは、ほぼ100%破壊されました…敵が『肉挽き器』を好む場合、私たちはその恩恵を受けることさえあります。」

続きを読む:ロシアはウクライナに「衛生地帯」を設置する可能性 – プーチン

キエフは、この作戦は民兵組織によって行われたと主張し、民兵組織は自らをロシアの亡命者と逃亡中のネオナチで構成された協力者であると称している。プーチン大統領は破壊工作員たちを、第二次世界大戦中にナチスドイツの指揮下で戦ったウラソフ軍協力者に例えた。大統領は 
「あの裏切り者、あのクズどもはナチスの側で戦ったが、今ではネオナチの側で戦っている同じような人たちがいる」と強調し、「彼らがどのような結末を迎えたかは我々全員が知っている」と付け加えた。
ウクライナの越境攻撃から国民を守るため、ロシアはある時点でキエフ支配地域に緩衝地帯を設置することを「強いられる」可能性がある。プーチン大統領は、「我々が適切と判断した場合」、ロシア軍は「敵対者が主に外国由来の武器で突破するのが非常に困難な安全地帯」を設定するだろうと付け加えた

ウクライナとの会談

プーチン大統領は、 「敵が弾薬を使い果たした」という理由だけでなく、相手が長期的に善隣関係を築くことに真剣である限り、ロシアは常に和平交渉を支持してきたと述べた。
同氏は、ロシアは国益に合致するのであれば、さまざまなシナリオを検討する用意があると付け加えた。しかし、キエフはモスクワの現指導部との会談を禁止しており、ウラジミール・ゼレンスキー大統領には選挙を行うつもりがないため、「向こうで誰と交渉するか」を見極めるためにも「骨の折れる調査」が必要になるだろうとプーチン大統領は指摘した。

NATOとの紛争

続きを読む:ウクライナで戦闘中のNATO諸国の軍隊 – プーチン

プーチン大統領は、NATOとロシアの直接対決の可能性を考慮し、「現代世界ではあらゆることが起こり得る」と述べ、「本格的な第三次世界大戦の一歩手前になるだろう」と警告した
同氏はさらに、「誰もそんなことに興味を持っていないと思う」と付け加え、ロシアは米国主導の軍事ブロックがウクライナへの派兵を進めていることをよく認識していると強調した。
プーチン大統領は、NATO諸国からの義勇兵が極めて厳しい見通しに直面していることを指摘し、「彼らにとって、まず第一に、彼らにとって良いことは何もない。なぜなら、彼らは現地で大量に死亡するからだ」と述べた。

US is not a democracy – Putin
Russian President Vladimir Putin has said that the political situation in Washington has become a laughing stock of the rest of the world

米国は民主主義ではない – プーチン大統領

ロシア指導者はアメリカの政治状況を「大惨事」と呼んだ

米国は民主主義ではない – プーチン大統領
ファイル写真©  Jim Bourg-Pool / Getty Images

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、米国は自国の選挙で大統領候補を抑圧しながら他国の民主主義プロセスを批判し、世界的な笑い者になったと主張した。

プーチン大統領は、ロシア大統領選挙で87%の得票率で再選されるとの暫定結果が出た直後の月曜早朝、モスクワで記者団に対し、米国で 起きていることを「全世界が笑っている」 と述べた。

「我々は他国の敵国よりも自制的に行動しているが、これは単なる大惨事であり、民主主義ではない。それが現実だ」とロシア指導者は付け加えた。

プーチン大統領は、現米政権は今年の大統領選挙の候補者を攻撃するためにあらゆる資源を使っていると主張し、どうやらドナルド・トランプ氏に言及したようだ。元米国指導者は、11月の投票で共和党の候補者と推定されているにもかかわらず、一連の訴訟に直面している。

続きを読む:プーチン大統領、トランプ大統領に「スリーピー・ジョー」について尋ねられたことを思い出す

今週初めの選挙前のインタビューでプーチン大統領は、ロシアは外国の選挙には干渉せず、選出された米国大統領と協力するつもりだと主張した。

同氏はジャーナリストのドミトリー・キセリョフ氏とのインタビューで、「アメリカの政治制度がいかなる意味でも民主的だと主張できないことは誰の目にも明らかだと思う」と語った。プーチン大統領は、米国の現在の大統領選挙活動についてそれ以上のコメントを拒否したが、雰囲気が「ますます非文明化」していると述べた。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました