現代の世界各国

サウジアラビア、80年にわたる米国とのペトロドル協定を終了:中国主導の中央銀行デジタル通貨連合に参加

契約を更新しないという重要な決定により、サウジアラビアは石油やその他の商品を米ドルのみではなく、人民元、ユーロ、円、元を含む複数の通貨で販売できるようになります。  「これは、来年にはプラットフォーム上でドル以外の商品決済が拡大すると期待できることを意味します。これは中国とサウジアラビアの間ですでに進行中のことですが、現在は新しいテクノロジーがそれを支えています。」 サウジアラビア、80年にわたる米国とのペトロドル協定を終了:中国主導の中央銀行デジタル通貨連合に参加 ブライアン・シルハヴィヘルスインパクトニュース編集者 先週の日曜日(2024年6月9日)、サウジアラビアは、サウジアラビアの原油を購入するための世界通貨として米ドルを確立した米国との80年にわたる協定を更新しないという歴史的な動きを見せました。これはトップニュースになるはずでしたが、米国の金融ニュース出版物、さらにはZeroHedge Newsなどの代替金融ニュース出版物でもブラックリストに載せられたようです。 以下は、バングラデシュの日刊紙「ビジネス・スタンダード」によるこの歴史的出来事の報道です。 サウジアラビアの石油...
現代の日本

株式の「転売ヤー」が吊り上げた株価や転売益は企業の本質的な価値などではない!

「転売行為が『国富』を増やすわけではない」ということは同じだ。あくまで(市場の)「潤滑油」である。そして、その行為が、企業に「成長資金」を供給するという株式制度本来の目的から逸脱していることは否定できない。 株式の「転売ヤー」が吊り上げた株価や転売益は企業の本質的な価値などではない! 神様バフェットが重視する企業価値との差を見よ 「マスク転売」と「株式転売」 まず、2020年3月2日公開「新型コロナ、『マスク売り切れ』騒動だけじゃすまない『日本の大問題』」で触れた「マスク・消毒液売り切れ騒動」を思い出していただきたい。気がつけばそれ以来4年も経過したが、多くの人々の脳裏に強烈な記憶として残っているであろう。 by Gettyimages その際には、「時間に余裕がある高齢者が開店前からドラッグストアなどの前に並び『買占め』を行い、多忙な勤労者が入手困難になる」という批判も聞こえた。 もっとも、マスク不足の原因は、根本的には、前記「新型コロナ、『マスク売り切れ」騒動だけじゃすまない『日本の大問題』」2ページ目「もし防護服やマスクが100%輸入製品であったなら…」で述べた、80%にも達する...
現代のロシア

注目される「平和サミット・共同声明」のウクライナ譲歩

一方、「平和サミット」への参加を拒否した中国とブラジルは、ロシアとウクライナ双方が参加する和平協議を支持することで一致していましたが、両国の共同案の概要がわかりました。  その内容は、「①ロシアとウクライナ双方が同意して全ての和平案が公平に議論される和平会議を支持②援助拡大で人道危機を防ぐ③核兵器や生物化学兵器の使用反対-など6項目」(8日付沖縄タイムス=共同)です。「世界を引き裂き、政治や経済の集団をつくることに反対する」との文言も盛り込まれています(同)。 注目される「平和サミット・共同声明」のウクライナ譲歩 ウクライナのゼレンスキー大統領が呼びかけた「平和サミット」(15、16日、スイス)について先に、ロシアの参加を始めから排除し、「ロシア軍の撤退を」入口にする限り平和協議の場にはならない、と書きました(5日のブログ)。  その後、NHKが11日のニュースで、独自に入手したとして、同サミットの「共同声明」案を報じました。それはきわめて注目されるものです。  NHKによると、「共同声明」はゼレンスキー氏が提唱している「10項目の和平案」のうち、「原発の安全保障」「食料安全保障」「捕...
現代の日本

世界を闇支配するディープステート連中にとって、日本のニコ動が、目障りになったのか:サイバー攻撃を受けたニコ動の復活を心底、祈る!

要するに、ユーチューブが絶対に、流さない情報が、ニコ動では、比較的、自由に流されてきたのです。  したがって、上記、ニコ動へのサイバー攻撃の犯人勢力は、ユーチューブを監視、規制している連中ではないかと疑われます。 世界を闇支配するディープステート連中にとって、日本のニコ動が、目障りになったのか:サイバー攻撃を受けたニコ動の復活を心底、祈る! 新ベンチャー革命2024年6月13日 No.3286 1. あのニコ動に、大規模サイバー攻撃を仕掛けた勢力は、ユーチューブを監視・支配している連中と疑われる!  本ブログでは、前々から、外部情報として、ニコ動の投稿を引用することが多かったわけですが、この6月8日に、ニコ動は、外部の何者かによる大規模なサイバー攻撃を受け、それ以降、6月13日朝現在、いまだに、復旧できていません。  近未来、正常化できるのかどうかも、現時点では、不透明となっています。  これだけの大規模のサイバー攻撃が行われることは、過去にも、それほどなかったと思われますが、この攻撃主の意図は、ニコ動を、完全に潰すことなのではないでしょうか。  もしそうなら、何故、ニコ動は、そこまで...
現代のロシア

西側諸国はロシアに対して「ルールのない戦争」を宣言した 米国の新たな制裁から得られる重要な教訓

ドミトリー・メドベージェフ元大統領は、ロシアに対して「ルールのない戦争」を宣言した西側諸国に「最大限のダメージ」を与えるために、モスクワはあらゆる機会を利用すべきだと主張した。 ロシア当局者は木曜日、米国とその同盟国のあらゆる弱点を利用して、彼らを弱体化させ、国民の生活を妨害すべきだと述べ、今週初めに米国が発表した最新の制裁措置に反応した。 ロシア下院の一部議員は、外国に対する追加的な規制はロシア経済の回復力と競争力を高める動機となる可能性があると示唆している。「我々は国内産業とイノベーションを積極的に開発しており、それが経済の近代化に貢献している」と国会議員のドミトリー・ベリク氏は水曜日、リアノーボスチ通信に語った。同氏は、ロシアは長年にわたり制裁に対する 「免疫」 を培ってきたと主張した。 ロシア下院の副議長で経済学者のミハイル・デリャギン氏はニュースサイトLenta.ruに対し、制裁措置に対処するためにモスクワ証券取引所の規制を改正する可能性があると語った。「取引を別のプラットフォームに移すこともできる」と同氏は述べた。  西側諸国はロシアに対して「ルールのない戦争」を宣言した ...
現代のロシア

中露蜜月はなぜ堅固なのか? プーチンは習近平にスパイ極秘情報を渡していた

――ロシア議会下院のロシア内政干渉調査委員会のワシーリー・ピスカレフ委員長は、ロシアと中国の政府を転覆させようと活動している外国組織の情報を、最近ロシアが中国側に渡したと述べた。  同委員会のテレグラム・チャンネルは、ピスカレフ氏の発言を引用して「われわれは最近、ロシアと中国に対する外国組織の政府転覆活動に関する資料を中国側に渡した」と報道した。  ピスカレフはまた、「新たな挑戦や脅威に直面し、ロシアと中国に対する外圧が日々高まる中、当該委員会は近い将来、ロシアは中国というパートナーとの協力を継続し、外国の干渉に対する主権と立法を保護する最も優れた方法を実施する計画である」と表明した。  報道は以上で、非常に短いものだ。  いうまでもなく、極秘情報が言うところの「外国勢力」の正体は、基本的に「第二のCIA」と呼ばれているNED(全米民主主義基金)だ。  その結果、習近平もプーチンも、互いの国をNEDの政府転覆活動から守ろうと、絆を一層強くさせている。  NEDを主導するネオコンは、基本的に軍事産業を国家運営の骨格に置いているので、中露という大国が平らかに民主化してしまった時に、「戦争を...
現代の米国

テレビによるトランプ大統領の裁判に対する否定的、悪意のある、刺激的で執拗な報道

これは、97% が否定的な報道であることを意味します (方法論の詳細は下記)。これは、これらのネットワークが以前に他の文脈でトランプ氏について報道した内容とほぼ同じでなければ、歴史的な否定性と言えます。 反トランプのネガティブなニュースが絶えず流れているのが問題ではないと考えてはいけない。NBCニュースが4月に実施した世論調査では、トランプ氏が全国でわずかにリードしていた(46%対44%)ものの、「NBC、ABC、CBSなどの全国ネットワークニュース」から主に情報を得ているという有権者は、圧倒的な差でバイデン氏を支持した(55%対35%)ことがわかった。 また、NBCの世論調査によると、有権者のほぼ3分の1(32%)が情報源として「全国ネットワークニュース」を頼りにしていると答えている。過去6週間、これらの有権者は、元大統領に対する最悪の疑惑を各ネットワークが増幅する中で、トランプ叩きの祭典を目の当たりにしてきた。 したがって、たとえこの裁判でリベラル派が待ち望んでいたトランプの有罪判決が下らなかったとしても、民主党にとっては選挙の年の大収穫であり、彼らは宿敵がマスコミに非難されるのを...
現代の世界各国

反ユダヤ主義と反シオニズム:危険な混同

今回のパレスチナ・イスラエル紛争は、本当に悲惨な状況に陥っているようです。早く和平が戻ることを祈るばかりです。 但し、今回の事により、イスラエルという国、ユダヤ人という人達、ユダヤ教、、シオニズム・・・というような今までほぼ禁句で、語ることすら許されなかったような事項が表面化しました。誰が、どこが正義であるとか、悪であるとかいう価値観や固定観念を捨て、まずは事実を掴みたいですね! ユダヤ人としてイスラエルとの連帯を表明する人々は、この混合体を強化し、間違いなく、彼ら自身の意に反して反ユダヤ主義の炎を煽っている。イスラエルが多くのユダヤ人のアイデンティティの中心になっているのは事実であり、彼らは西アジアの国家を支持するという政治的選択を、ユダヤ教に固有の献身と誤解している(最近の映画「イスラエル主義」を参照)。しかし、すべてのユダヤ人をシオニストと結び付けることで人種差別的な一般化の罠に陥らないようにすることが不可欠である。特に、今日のシオニストの大多数は福音派キリスト教徒であるからだ。 反ユダヤ主義と反シオニズム:危険な混同 ヤコフ・M・ラブキンカナダ、モントリオール大学歴史学部 名誉...
現代の日本

自動車メーカーが悪いのか?「認証不正問題」の根深い課題。国と企業の“足の引っ張り合い”が競争力を奪っていく

自動車メーカーが悪いのか?「認証不正問題」の根深い課題。国と企業の“足の引っ張り合い”が競争力を奪っていく=原彰宏 トヨタ・マツダ・ホンダなど日本が世界に誇る自動車のトップメーカーに問題が相次いで発覚しました。一体どうしてこのような問題が起こったのか。そして、国土交通省の認証試験というのは一体どういうものなのか。深堀りしたいテーマは「メーカーだけが本当に悪いのか」「他にも何か問題があるのか」という点です。(『らぽーる・マガジン』原彰宏) 【関連】牛を殺せば助成金…。政府に振り回される酪農家たち。過去最悪レベルの「牛乳ショック」で毎日生乳廃棄へ=原彰宏 ※本記事は、『らぽーる・マガジン』 2024年6月11日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。 日本の自動車メーカーに不正まん延? トヨタ・マツダ・ホンダなど日本が世界に誇る自動車のトップメーカーに問題が相次いで発覚しました。 一体どうしてこのような問題が起こったのか。そして、国土交通省の認証試験というのは一体どういうものなのか。考えてみます。 深堀りしたいテーマは「メーカーだけが本当に悪いの...
現代の日本

『デジタル・デモクラシー:ビッグテックを包囲するグローバル市民社会』

ビッグテックの問題は、個人や企業の情報が抜き取られるというようなことだけではありません。最も危険なのは、世界各国の選挙に介入する、世論を誘導・形成する、認知戦の主戦場になっている事です。自分たちに都合の良い情報は大きく流す捏造する、都合の悪い情報は隠蔽する、などの行為を公然と行っています。  「無料で便利」と思っている間に、われわれは監視資本主義に誘われる。著者がいうように、そこではわれわれは「顧客」でないばかりか「利用者」ですらない。ビッグ・テックの顧客は広告主や政府機関であり、そこでわれわれは巨大なシステムにデータを提供する「素材」にすぎないのだ。  こうしたビッグ・テックの力の源泉は、多額の献金によるロビー活動で政府職員や議員と癒着すること。そもそも9・11後に米国政府が「危険人物」の監視を強め、そのための技術開発に巨費を投じ、それによって創業間もないGAFAは急成長した関係だ。  いまやビッグ・テックは世界の生産・流通・消費に独占的な力を振るい、小規模生産者を駆逐し、不安定なギグワーカーを増やし、民主主義を脅かしている。だがこれに対して、世界のいたるところで市民がひるむことなく...
現代のロシア

【キューバ危機ー2.0】一触即発、かなりマズい状況のようです!

ウクライナ紛争を巡る、ロシアと米国及びNATOとの関係がかなり悪化しています。日本のマスコミは何も報道しませんが、最悪、大国同士の戦争が勃発するような状況です。各国の冷静な判断を期待するしかないですね。 ウクライナ航空機が西側諸国から供給された兵器でロシア内陸部を攻撃 公式発表:ロシアはウクライナのジェット機が駐留するNATOの飛行場を攻撃する準備を整えている ロシア海軍グループがフロリダ州メルボルン沖に出現! ロシア艦艇がフロリダ沖でミサイル訓練を実施 モスクワ証券取引所、ドルとユーロの取引を停止 ウクライナ航空機が西側諸国から供給された兵器でロシア内陸部を攻撃 2024年6月11日 ウクライナ航空機が西側諸国から供給された兵器でロシア内陸部を攻撃 ウクライナの戦闘機が、この戦争で初めてロシア領土標的NATOのミサイルを発射した!日曜日、ベルゴロド地域の「ロシアの司令部」が攻撃された。 モスクワからの大規模な反応が予想される。 NATOはウクライナをロシアへの攻撃を続けている! ウクライナとロシアの紛争はNATOの干渉により急速に、そしてあらゆるレベルで悪化しており、セルビアのヴチッ...
現代の中国

西側主要メディアが中国について伝えないこと

中国は何百万人もの人々を貧困から救い出し、平和と協力、発展途上国の声をより大きく訴えてきた国です。中国は侵略したことも、侵略すると脅したことも、侵略するかもしれないと示唆したこともありません。中国は、わずか150年前に起こったように、自国の領土として認められている台湾を外部の影響から守ると明言しています。中国は、14億人の国民にとって効果があることが証明されているイデオロギーを持つ国として存在しているだけです。そのイデオロギーは、世界の一部の国には好まれません。 その結果、私たちは中国について、その意図や政策について、嘘の連続を聞かされている。中立的な主流メディアがあれば、香港のテロ計画などについて知っているだろう。共同宣言や台湾に関する共同声明についても知っているだろう。新疆の現実を知り、中国に関するあらゆるニュースの両面を把握して、自分たちで判断するだろう。現状では、ニュースの否定的な側面だけを知った西側諸国の多くは、中国が自分たちにとって脅威だと考えている。 そうではありません。本当の脅威は、中国は脅威だと私たちに告げる人々から生じます。 西側主要メディアが中国について伝えないこ...
現代の世界各国

中露の仲間入りするトルコ

極は、文明圏ともいえる。米国はかつて、中露イランなど他の文明圏を次々に潰す「文明の衝突」を企図してイラク戦争などで自滅的に失敗したが、その後にできつつある中露イランの多極型世界は米覇権と対照的な「文明の共存」である。トルコは、極の一つを自称しており、だからBRICSに入りたい。中国に住むトルコ系であるウイグル人は、トルコから見ると「となりの極に住む自極の人」であり、中国から見ると「自国民だがとなりの極の関係者」になる。 シルクロードは、中国文明の一部であり、シルクロードの文化を育んできたウイグル人は、古来中国の文明形成に寄与してきた。だから(イスラム教を含む)ウイグル人の文化を大事にしてあげてください、とフィダンは中共に進言した。分離独立の扇動は良くないことだと言って、以前のトルコからの退却も示唆している。ウイグル人はトルコ系だから、トルコは中国のウイグル問題に口をはさむ権利を持っている。米欧は、ウイグルにも中国にも無関係なのに、ウイグル問題を中国敵視の道具に使っている。米欧は自分たちが世界に対してやっている支配行為(=人権侵害)を棚に上げ、人権問題で中国を制裁することが必要だなどと言...
現代の米国

2008年以降、Googleが米国選挙に介入した回数は41回、Facebookが米国選挙に介入した回数は39回

ビッグテックは米国を始め、世界各国の選挙に介入しています。選挙だけではなく、世論形成、認知戦の主戦場になっています。Twitterも同じように介入を行っていましたが、イーロンマスク氏が買収して以降、Twitterfileを公開し、その内容が白日の下に晒され、ビッグテックの悪事がばれ出しました。 以下のYouTubeで紹介されています。 今回は、その中で表記の記事を紹介します。 ビッグテックとは 世界で影響力が大きい巨大IT企業 ビッグテックとは、多くの人々の生活に深く関与している巨大IT企業を指します。最先端の技術を駆使し、私たちの日常生活に欠かせないサービスを提供している企業たちは、全世界で影響力を持っているのが特徴です。 アメリカ企業が中心となっている ビッグテックは、アメリカ企業が中心となっています。この分野ではアメリカがリーダーシップをとっており、国際的なビジネスを展開していることから、彼らの影響力はとても大きいのです。世界中で使われるスマートフォン、SNS、オンラインショッピングなど、私たちの身近なものはほとんどが、このアメリカの巨大IT企業によって支えられているのですね。 ...
現代の世界各国

インドの復活:モディ首相はいかにして西側諸国の壮大な計画を阻止したか

西側諸国は、自国の選挙に対する外部からの干渉に非常に敏感であり、干渉したとされる国に制裁を課している。しかし、西側諸国の機関はインドの政治と選挙への干渉に加担してきた。これは二重基準の典型的な例である。 インドに駐在する西側諸国の特派員によるものも含め、インドの内政や選挙に対する西側諸国(および中国と疑われる諸国)の干渉を第3次モディ政権がどの程度考慮するかはまだ分からない。 結局のところ、政治家の選挙での勝利の大きさは、海外では一時的な関心事に過ぎない。外国は権力者と向き合わなければならない。国内で決定的な支持を得ている西側諸国の政治家はほとんどいない。彼らの支持率は低いことが多いが、それが世界が彼らとどう向き合うかに影響することはない。 2023年に8.2%成長したインド経済が今後も拡大し、経済改革によってインドの魅力が高まり、防衛分野を含む製造業の発展に成功し、重要な「若者の配当」が期待通りに実現すれば、モディ政権の今後5年間におけるインドの外交政策の選択肢は広がるだろう。インドは国益を守り、世界情勢への影響力を高めることに成功するだろう。 インドの復活:モディ首相はいかにして西...
現代のロシア

ウクライナ「平和サミット」が茶番劇である理由

ウクライナ「平和サミット」が茶番劇である理由 6月15~16日、スイスのビュルゲンシュトック(下の写真)でウクライナに関する「平和サミット」が開催される。参加者はウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領の「平和の公式」(後述)にあるごく一部や捕虜交換などについて議論するとみられている。現時点で何カ国が参加するかは不明だ。ロシアは招待されていない。 ビュルゲンシュトック (出所)いずれも おそらく、この平和サミットをめぐるニュースが早晩、多くの主要マスメディアによって報じられるようになるだろう。そこで、それらが決して伝えないであろう、このサミットの裏事情について解説したい。 茶番劇としてのサミット もっとも大切なのは、このサミットが、ゼレンスキー大統領が中心となって企てた「茶番劇」にしかすぎないことに気づくことである。まず、公式サイトにおいて、「ゼレンスキー大統領が2024年1月15日にベルンを訪問した際、スイスとウクライナは、ウクライナの包括的で公正かつ恒久的な和平に向けた次の一歩について話し合った。ウクライナの要請により、スイスはサミットの開催に同意した」と書かれている点が重要...
現代の欧州

EUは「戦争精神病」に陥っている ハンガリーのオルバーン首相。

ブダペストは一貫してウクライナ紛争に対する西側諸国のアプローチを非難し、それが紛争の激化とNATOとロシアの直接衝突につながる可能性があると警告している。EU加盟国はまた、キエフへの武器輸送に反対し、即時停戦交渉を求めている。 また、ウクライナに軍隊を派遣する選択肢を西側諸国は排除すべきではないと示唆し、そのような行動は第三次世界大戦を引き起こす可能性があると警告したフランスのエマニュエル・マクロン大統領の発言にも反発した。 EUは「戦争精神病」に陥っている - オルバン ハンガリー首相は、ウクライナ問題で欧州連合は後戻りできない状況に近づいており、ロシアとの軍事衝突につながる可能性があると述べた。 ファイル写真:ハンガリーのヴィクトル・オルバーン首相。©  Janos Kummer / Getty Images ハンガリーのビクトル・オルバーン首相は、 EUはウクライナ紛争で「戦争精神病」に陥っていると述べ、この考え方はほぼ確実にウクライナへの西側諸国の軍隊派遣につながると主張した。 オルバーン氏は金曜日のラジオ・コシュートとのインタビューで、西側諸国はモスクワとキエフの紛争を終わら...
現代の世界各国

多極化を阻止するために大量虐殺を支持する

今日、私はイスラエル国防軍の元諜報員との詳細なインタビューを聞いた。彼の立場は明確だった。「我々は世界戦争を目指している」 と彼は言った(強調は筆者)。したがって、イスラエルは最も過激な措置のいくつかを実施するのを止めてはならない。なぜなら、イスラエルの行動は、これから起こる残忍な世界紛争の文脈で遡及的に評価されることになるからだ。 これは、ガザからノヴォロシアに至るまでの絡み合った永遠の戦争戦線における覇権国と従属国の絶え間ない必死の激化に対する究極の説明として見られるべきである。 これには大量虐殺も含まれ、3億2000万ドルの「援助」桟橋詐欺のような大量虐殺の副次的影響も含まれ、現在ではガザ海岸のガラクタと化しており、パレスチナ人を国外に追放/移送するという基本的な策略が惨めに失敗し、すべてが再び大量虐殺へと逆戻りしている。 「世界大戦を目指している」ことから、誰が実際にこのショーを運営しているかが明らかになります。そして多極化した世界全体が依然として人質に取られています。 多極化を阻止するために大量虐殺を支持する 覇権国は多極化を阻止するために世界大戦を企んでいる。イスラエルのガ...
現代の世界各国

アメリカとイスラエルのシオニストの侵略を抑制するための新たな「黄金の三角地帯」が出現したのか?

米国で大規模な偽旗作戦が起こる日が近づいてきており、おそらく11月の選挙前の今夏に起こるだろう。 世界のその他の国々はただ見守って待機しており、その間に新たな経済同盟や新たな軍事同盟を構築するための措置を講じている。 そして、新たな「黄金の三角地帯」である中国、ロシア、イランを筆頭に、 BRICs諸国が米ドルを放棄する準備を進めることで勢力を拡大し続ける中、世界の大半は米国、イスラエル、NATOに反対しているようだ。 ドナルド・トランプは私たちを救わない。ジョー・バイデンは私たちを救わない。AIは私たちを救わない。 アメリカ合衆国で宣伝され、約束された偽りの「自由」は、金儲けと反対者を奴隷化する「自由」だけを意味していたことが、すぐに暴露されるだろう。 アメリカとイスラエルのシオニストの侵略を抑制するための新たな「黄金の三角地帯」が出現したのか? ブライアン・シルハヴィヘルスインパクトニュース編集者によるコメント ここ数日のオルタナティブメディアのニュースの多くは非常に終末論的な内容で、世界紛争がロシアとの核紛争へとエスカレートする瀬戸際に立っていることを示唆している。 しかし、現在世...
現代のロシア

プーチンの4Dチェス:ロシアとの戦いで西側は4つの戦線で「負けている」

「西側諸国は、経済的(貿易と債務)、財政的(脱ドル化と国際決済システム)、軍事的(ウクライナでの戦闘と兵器システムの比較)、そして地政学的に世界における影響力の大幅な喪失という、4つの戦争に一度で負けている」とアトキンソン氏は説明した。 「西側諸国は長い間、他国に支配権を押し付けるために、技術の進歩と暴力の優位性に頼ってきた」とハビヤレミエ氏はスプートニクに語った。「20世紀後半以来、かなりの技術の追い上げが見られ、とりわけロシアの防衛産業の技術的洗練度により、西側諸国はもはや抵抗なく支配権を押し付けることはできない」 ロシアと他のBRICS諸国が構築している多極的な「新世界秩序」は、「経済と外交の力の代替拠点を提供することで、南半球諸国に確実に利益をもたらし、現在の覇権国の圧力を弱めるだろう」とハビヤレミエ氏は語った。 プーチンの4Dチェス:ロシアとの戦いで西側は4つの戦線で「負けている」 © スプートニク / セルゲイ・ボビレフ/ プーチン大統領はサンクトペテルブルク国際経済フォーラムの全体会議で演説し、2030年までのロシアの発展の優先事項を概説し、西側諸国が世界における自国の覇...
タイトルとURLをコピーしました